あなたの知らない電気の世界。次世代半導体「SiC」が、電気の常識を変えていく?

あなたの知らない電気の世界。次世代半導体「SiC」が、電気の常識を変えていく?
拡大する(全1枚)

コンピュータや通信など、最先端のIT技術によって、世の中がどんどん便利で快適になっていく。それにつれて、電気の役割もますます大きくなっている。


 電子機器が増える一方で、環境意識 や節電意識の高まりなどによって、電力需要自体の伸びは鈍化傾向にある。もちろん、省エネ家電などの普及も大きいだろう。しかし、産業、生活のあらゆる側面で電装化が急激に加速しており、エネルギー消費に占める電気の割合はすでに40%を超えている。高度な情報化社会が進展していけば、この割合がさらに増していくことは間違いないだろう。


 そこで今、注目が高まっているのが、「SiC」(シリコンカーバイド)と呼ばれる半導体材料だ。


 そもそも半導体とは、電気を通す「導体」と電気を通さない「絶縁体」の中間的な性質をもつ物質をさす言葉である。半導体をイメージする写真やイラストなどでよく紹介されるのはICチップと呼ばれるもので、一枚の基板の上にトランジスタや抵抗器等、複数の回路素子を高密度に組み込んだ集積回路であり、近年では、これらも総称して半導体と表現されることも多い。半導体を用いた製品は、産業機器や産業用ロボット、身近な所では、自動車やパソコンなどのCPUやフラッシュメモリ、スマートフォン、エアコンや炊飯器などの家電製品にいたるまで、電気で動くあらゆる物に組み込まれている。


 では「SiC」がなぜ、注目されているのだろうか。その秘密は、優れた電力変換効率にある。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「家電」に関する記事

「家電」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「家電」の記事

次に読みたい「家電」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク