SKE48斉藤真木子が語る松井珠理奈卒コン「最後のスピーチで珠理奈さんが総選挙の話をした意味」
拡大する(全1枚)
4月11日(日)に名古屋の日本ガイシホールで開催されたSKE48松井珠理奈の卒業コンサート。最後のスピーチで松井珠理奈が口にしたのは、心にずっと秘めていた2018年の総選挙の話だった。全編自分自身のプロデュースで行った卒業コンサートに松井珠理奈はどんな想いを込めたのか。SKE48のキャプテンであり劇場支配人でもある斉藤真木子が語るあの夜のストーリー。(3回連載の2回目)

【写真】ファンもメンバーも涙、松井珠理奈卒業コンサートの模様【10点】

――高柳明音さんの卒業コンサートはたしかに「祭り」が下地にあるコンサートでした(※インタビュー前編参照)。一方の松井珠理奈さんの卒コンは「祭り」とは違う雰囲気でした。いかがでしたか?

斉藤 そうですね。涙の量は明音ちゃんの卒コンの倍以上でした。一番感じたのは、珠理奈さんがステージの中央にいる演出が多いなということでした。珠理奈さんって、ほとんどの曲をセンターで歌ってきたわけですけど、センターって円の中心じゃなくて、一番前じゃないですか。誰とも目を合わせることがなくて、みんなに背中を見せるポジションです。だけど、卒コンだけはそうじゃなくて、みんなの真ん中にいたい。みんなに見てもらいたい。温もりを感じたい。そう、温もりが珠理奈さんには必要だったんじゃないかってすごく感じました。珠理奈さんはセンターだったし、早くからAKB48の選抜に入ったりして、人一倍孤独を感じることが多かったと思うんです。誰かに頼ればいいのに、それを潔しとしなかった人です。そんな人の最後の願いだったんじゃないかな。