グラビア一筋18年、吉田早希が語るゲームとインターネット

グラビア一筋18年、吉田早希が語るゲームとインターネット
拡大する(全1枚)
日本のトップコスプレイヤー・えなこほか、伊織もえ、篠崎こころら所属する事務所として注目度を集めるPPエンタープライズ。そんな話題の事務所に所属し、活動歴18年を超えるのがグラビアアイドル吉田早希だ。コスプレイヤーが多く所属する中、ブレずにグラビアアイドルとして活躍する彼女のこれまでの軌跡を聞いた(3回連載の2回目)。

>>1回目<吉田早希が振り返るデビュー時代「家族には写真集が決まってから打ち明けました」>はこちら

【写真】キャリア18年も輝きを増し続ける吉田早希 撮りおろしカット【12点】

──吉田さんはグラビアアイドルとしての活動歴が18年。現在はアイドルにとってSNSが情報発信ツールとして大事になっていますが、デビュー当時はブログですか?

吉田 そうですね。私は18歳ぐらいのわりと早い時期にライブドアブログを始めました。周りにオタク友達が全くいなくて、友達を増やしたかったのもあって、ブログではマンガやアニメ、小説など、自分の好きなものを発信していました。そうすると現場のスタッフさんとかが目にして話しかけてくれるんですよ。「『ドグラマグラ』いいですよね~。僕も若い頃は夢野久作を読んでいました」みたいな感じで(笑)。

──いきなり夢野久作とはなかなかディープですね(笑)。

吉田 ですよね(笑)。でもそういう会話をできるのがうれしかったんです。私は女子大に通っていたんですけど、大学では友達同士で赤文字系を始めいろんな女性ファッション誌を買いあって、今で言うサブスクみたいな感じで回し読みをしていたんです。だから“表と裏”みたいな感じで、裏の部分は小学生の頃から触れていたインターネットに依存していました。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

伊織のプロフィールを見る
エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「伊織」に関する記事

「伊織」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「伊織」の記事

次に読みたい「伊織」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク