ハイアットが万里の長城の麓にホテルを開業。隈研吾氏ら日本人建築家3名を含む12名のアジア人建築家が設計

ハイアットが万里の長城の麓にホテルを開業。隈研吾氏ら日本人建築家3名を含む12名のアジア人建築家が設計
拡大する(全4枚)
ハイアット ホテルズ コーポレーションは4月17日、北京の延慶区に「アンバウンド コレクション by Hyatt」ブランドのホテルとして「コミューン バイ ザ・グレートウォール」を開業しました。全176室の同ホテルは、万里の長城という壮大な古代の建造物との美しいコントラストを見せる斬新な現代建築が特徴的です。圧倒的な非日常感で忘れられない発見の旅を提供します。

ハイアットが万里の長城の麓にホテルを開業。隈研吾氏ら日本人建...の画像はこちら >>
コミューン バイ ザ・グレートウォールの全景
ハイアットが万里の長城の麓にホテルを開業。隈研吾氏ら日本人建築家3名を含む12名のアジア人建築家が設計
コミューン バイ ザ・グレートウォールの 隈研吾氏設計のヴィラ「竹屋」
「コミューン バイ ザ・グレートウォール」は静寂に包まれた水関山脈の麓に位置し、尾根と谷が織りなす美しい風景の中に溶け込んでいます。喧騒から離れた静かな環境で自然とつながる体験が得られる同ホテルは、北京市内から車で1時間超というロケーションにあります。

ハイアットが万里の長城の麓にホテルを開業。隈研吾氏ら日本人建築家3名を含む12名のアジア人建築家が設計
コミューン バイ ザ・グレートウォールのヴィラ 「カンチレバーハウス」
ハイアットが万里の長城の麓にホテルを開業。隈研吾氏ら日本人建築家3名を含む12名のアジア人建築家が設計
コミューン バイ ザ・グレートウォールの 古谷誠章氏設計のヴィラ「森林小屋」
▼ヴィラと客室
隈研吾氏ら著名な日本人建築家3名*を含む12名のアジア人建築家によって設計された現代建築コレクションのような建物群は、2002年のベネチア・ビエンナーレで特別賞を受賞し、また2005年にはビジネスウィーク誌で「中国の新しい建築による驚異(New Architectural Wonder of China)」とも評されました。

この記事の画像

「ハイアットが万里の長城の麓にホテルを開業。隈研吾氏ら日本人建築家3名を含む12名のアジア人建築家が設計」の画像1 「ハイアットが万里の長城の麓にホテルを開業。隈研吾氏ら日本人建築家3名を含む12名のアジア人建築家が設計」の画像2 「ハイアットが万里の長城の麓にホテルを開業。隈研吾氏ら日本人建築家3名を含む12名のアジア人建築家が設計」の画像3 「ハイアットが万里の長城の麓にホテルを開業。隈研吾氏ら日本人建築家3名を含む12名のアジア人建築家が設計」の画像4

あわせて読みたい

FASHION HEADLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月21日のファッション記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。