日光で日泰夫婦が営むゲストハウスを訪れる外国人客はどんな人たちなのか? 聞いてみた

日光で日泰夫婦が営むゲストハウスを訪れる外国人客はどんな人たちなのか? 聞いてみた
外国人も多い日光の社寺(撮影:我妻伊都) 
 2016年12月10日、日本を代表する観光地である栃木県の日光市は、今年、外国人観光客が東日本大震災前の水準まで回復する見込みだ。日本全体の訪日外国人が震災前の861万2000人(2010年)の2.5倍ほどの2000万人を超えていることを考えると、回復が遅れたことが分かるが、日光は確実に活気づいている。

その他の写真:ゲストと代表の常木さん(提供:ステイ日光ゲストハウス) 

 栃木県の統計によると昨年、日光市に1泊以上滞在した外国人は、7万295人(前年比16.9%増)で、国や地域別の内訳は、台湾人1万8659人(全体比26.5%)、タイ人6419人(9.13%)、中国人4944人(7.03%)、アメリカ人4794人(6.82%)、香港人4408人(6.27%)となっており、他にも韓国人3635人、フランス人2462人、シンガポール人2287人、イギリス人2073人などとなる。

 そんな日光を訪れる外国人が利用する宿泊施設に『ステイ日光ゲストハウス』がある。このゲストハウスは、日泰の夫婦が切り盛りしているため外国人客が多い。

 同ゲストハウス代表の常木さんは、タイに8年住んだ経験があり、そのときにタイ人の奥さんと知り合い結婚。その後、もっと自然の中で人と関わる仕事がしたいという思いが強くなり、昨今、訪日外国人が増えていることから外国人向けのビジネスへ活路を見出し、帰国して2015年6月にゲストハウスをオープンさせた。

あわせて読みたい

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月10日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。