『FGO』スカサハとはどのような存在なのか?伝承より考える【特集】

『FGO』スカサハとはどのような存在なのか?伝承より考える【特集】
『FGO』スカサハとはどのような存在なのか?伝承より考える【特集】
7月18日よりiOS/Androidアプリ『Fate/Grand Order』では第2部第2章「無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング 消えぬ炎の快男児」がスタートしました。4月にスタートした第1章「Lostbelt No.1 永久凍土帝国 アナスタシア 獣国の皇女」から3ヵ月。スカサハ・ランサー、スカサハ・アサシンに次いで3人目のスカサハとなったスカサハ=スカディの登場に驚いたマスターたちも多いはず。この記事では、スカサハとはいったいどのような存在なのかを筆者のわかる範囲で記していこうと思います。

※本編のネタバレにご注意ください。
※本記事はあくまで当編集部による考察に過ぎません。

スカサハの伝承
まず、スカサハは実在が確認される人物ではなく、北欧のケルト神話に登場するキャラクターの一人となります。筆者が確認した限りでスカサハが登場する最も古い文献は「スカサハの言葉」という詩、もしくは『クアルンゲの牛捕り』の前話のひとつである「エウェルへの求婚」という物語のどちらかとなります。

いずれも6世紀から9世紀に成立したものであるため、1000年以上前から語り継がれてきた存在であることに間違いはありません。ここでは主に「エウェルへの求婚」の内容を取り扱わせてもらおうと思います。

また、同じ物語であっても膨大な数の写本が存在し、スカサハの設定も様々に異なっています。ここで記載するスカサハの設定が『FGO』にそのまま反映されているとは限らないことは理解していただければと思います。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2018年8月16日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。