ゲーム19XX~20XX第8回:平成の世の終わりをかみしめつつ、昭和最後の年となった1988年のゲームを紹介

ゲーム19XX~20XX第8回:平成の世の終わりをかみしめつつ、昭和最後の年となった1988年のゲームを紹介
ゲーム19XX~20XX第8回:平成の世の終わりをかみしめつつ、昭和最後の年となった1988年のゲームを紹介
まもなく「平成」の世が終わり、「令和」の時代が始まろうとしています。では、「平成」という時代が幕を開ける直前はどんな年だったのでしょうか。ということで今回の「ゲーム19XX~20XX」は、事実上の「昭和」最後の年(※1)となった1988年のゲームを取り上げます。

※1:昭和が終わった日は昭和天皇が崩御した1989年1月7日です。

1988年9月19日、昭和天皇の容体悪化が伝えられました。以降、深刻な容体が続いたため、マスコミは天皇の病状を連日こと細かに報道。それにともない、全国で祭などの行事が中止になったり、プロ野球の優勝セールが取り止めになったり、CMのキャッチコピーが変更になったりと、日本全国が「自粛ムード」一色となりました。これは昭和天皇の大喪の礼が行われた翌年の2月まで続き、行き過ぎであるとして社会問題になりました。

9月のソウル・オリンピックでは男子100メートルで優勝したカナダのベン・ジョンソンのドーピング発覚、背泳ぎの鈴木大地の金メダル獲得、男子体操の池谷幸雄・西川大輔の高校生コンビの活躍などが話題を呼びました。また、リクルート社が子会社の未公開株を政治家らに譲渡していた「リクルート疑惑」の発覚、本州と北海道を結ぶ青函トンネルの開通なども大きなニュースとなりました。

映画では清朝最後の皇帝・溥儀の生涯を描いた『ラストエンペラー』がヒット。テレビでは『とんねるずのみなさんのおかげです』、『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』などが人気となりました。アニメでは『それいけ!アンパンマン』が、この年の10月3日から放映開始。マンガでは和製SFホラーの傑作『寄生獣』、昨年実写ドラマが人気となったヤンキーマンガ『今日から俺は!!』などが連載開始となる一方、黄金期の週刊少年ジャンプを牽引した『北斗の拳』、『キャプテン翼』が最終回を迎えています。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2019年4月30日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。