『VALORANT』国際大会で日本代表チーム「ZETA DIVISION」が世界3位に輝くなど、ますます熱気が高まっているeスポーツ界隈。その一方、最近では配信中の不適切発言による炎上騒動も相次いでおり、コンプラ意識の見直しが求められています。

そんな中、5月3日にSHAKAさんを始めとした有名ストリーマーたちが、“言葉遣い”に関する議論を展開。業界の未来を見据えた議論に、大きな反響が上がっていました。

ゲーム界隈で飛び交う“危険なワード”
2022年に入ってから、eスポーツ界隈ではいくつもの舌禍事件が起きています。2月には、当時プロ格闘ゲーマーだったたぬかな選手が、自身の配信上で「(男性は身長が)170ないと、正直人権ないんで」などと発言して炎上。所属チームの「CYCLOPS athlete gaming」から契約を解除され、活動休止状態となりました。

また5月には、プロゲーミングチーム「REJECT」の『PUBG Mobile』部門で活躍していたSaRa選手が失言。本人の配信ではなく、同じ施設にいたチームメイトの配信に発言が拾われたことで、問題となりました。その処分として、今年12月末までの活動停止や、社会貢献活動への参加などが発表されています。

今やプロゲーマーたちはコンプラ意識の徹底を求められていますが、そうした事情はストリーマーも変わらないようです。5月3日の配信で、SHAKAさんたちは配信中の意識が変わったことを語っていました。

この記事の画像

「eスポーツ界隈には危険なワードがいっぱい?人気ストリーマー・SHAKAたちが“言葉遣い”を議論」の画像1 「eスポーツ界隈には危険なワードがいっぱい?人気ストリーマー・SHAKAたちが“言葉遣い”を議論」の画像2