※本記事では『ヘブンバーンズレッド』一部本編の内容を含みます。ネタバレにご注意ください。


2023年2月5日(日)、Wright Flyer Studios×Keyが贈るドラマチックRPG『ヘブンバーンズレッド』の1周年を記念した「ヘブンバーンズレッド 1st Anniversary Party!」が開催されました。今回は会場現地の様子や、新たに発表された初のコラボイベントなど、1周年に相応しい盛りだくさんな情報をまとめてガッツリお届けしていきます!

◆等身大「茅森月歌」が会場でお出迎え!?1/7スケールフィギュアも登場!
『ヘブンバーンズレッド』(以下、『ヘブバン』)は、2022年2月10日に配信されたスマートフォン向けゲームアプリです。

原案・メインシナリオを『CLANNAD』『AIR』を手がけたKeyの麻枝 准氏が担当し、キャラクターデザインやメインビジュアルを『アトリエ』シリーズで知られるゆーげん先生が書き下ろしています。

イベント会場にはゆーげん先生の描く『ヘブバン』のキービジュアルを基にした主人公・茅森月歌の等身大フィギュアがファンをお出迎え。

実物はまさに圧巻の一言です。等身大の茅森はこんなにも存在感があるのかと感じずにはいられませんでした。
ゆーげん先生の描いた“どこか意味ありげなキービジュアル”がそっくりそのまま現実空間に存在するというのもなんだか不思議な感覚です。

あたかもサプライズのように設置された等身大フィギュアは息を呑むほどに美しく、会場ではそんなフィギュアをぐるりと一周する形で隅々まで撮影可能でした。茅森のセラフ(通称:切れ味のいいアレ)もこんなにクッキリと見れちゃいます。

さらに同じ空間には茅森の「1/7スケールフィギュア」もあわせて展示されています。等身大の茅森と7分の1サイズのミニ茅森を双方で見比べられるという贅沢な楽しみ方ができました。また、「1/7スケールフィギュア」については順次予約販売を開始するとのこと。


この日はイベント会場で物販の先行販売が行われており「1周年記念パーカー」や「ナービィグラス」などが特に人気を集めているようでした。会場では売り切れてしまいましたが、これらの商品はイベント終了後の現在、「WRIGHT FLYER STORE」にて予約可能です。

今後展開予定の商品として注目したいのが、司令部&ナービィを含む全53種類がラインナップされる予定の「もちどる」シリーズ。

もちどるは2023年3月1日(水)から第1弾~第3弾と分けて「WRIGHT FLYER STORE」での受注販売が実施されます。確実に“推し”を入手できるよう忘れずチェックしておきましょう...!

会場には「Half Anniversary Party!」の際に注目を集めた「STAFF ART BOARD」が今回も登場。それにしても皆さんイラストが上手すぎます。


隣にはイベント会場に来場されたファンたちが寄せ書きできるボードも設置されていました。

なお、茅森月歌の等身大フィギュアは『ヘブバン』が1周年を迎える2023年2月10日(金)より、渋谷PARCOの5Fにオープンする「1st Anniversary POP-UP STORE」と共に期間限定で展示されるとのことです。

今回会場に来られなかったファンの方も、ぜひこの機会に茅森を側で感じてみてくださいね!

次ページ:これまでの『ヘブバン』振り返りや今後のプロモーション展開も!

◆これまでの『ヘブバン』を振り返る!常に変化を続けるゲームシステムについて
ついに幕を開けた「ヘブンバーンズレッド 1st Anniversary Party!」。冒頭ではキャスト陣と共にここ1年間の『ヘブバン』を振り返ります。

これまでに実装されたイベントやキャラクター、「Half Anniversary Party!」で行われた「She is Legend」のリアルライブなど、それぞれの思い出や収録秘話、舞台裏の出来事が明かされました。

『ヘブバン』ではイベントやキャラクターの実装に限らず、ゲームシステムの側面でも常に新しい変化を見せています。


ゲーム体験の変化については開発チームも大事にしているようで、プロデューサーの柿沼氏は「麻枝氏のシナリオを一番の魅力としながらも、ゲーム性として新しい“驚き”や“遊び”を一緒に提供していきたい」としていました。

ゲームの品質はゲームそれ自体の新しい体験に留まらず、UI(ユーザーインターフェース)の整理など、きめ細かなブラッシュアップを含む度重なるアップデートによって支えられています。

プレイヤーたちが今まで以上に遊びやすく、より『ヘブバン』を楽しめるような工夫を常に追求し続けているのでしょう。

◆「ローソン」コラボ第2弾も登場!新たなプロモーションに注目
2023年2月2日から東京・愛知・大阪にて開催中のコラボカフェ以外に、数々のプロモーション展開が発表されています。クレープ専門店「マリオンクレープ」とのコラボや......

なぜか「出前館」とのコラボも決定。

会場では國見タマを演じる古賀葵さんが出前館とのコラボハッピを自然と着こなし、ファンや共演者たちを沸かせていました。
こちらのコラボハッピは抽選で当たる限定グッズになるようです。

ほかにも以前好評を博した「ローソン」コラボキャンペーンの第2弾開催が新たに発表。キャンペーンビジュアルはゆーげん先生の“完全描き下ろし”となっており、各セラフ部隊長が一同に会する豪華仕様...!

本イラストを使ったグッズも今後登場予定のようです。

次ページ:『ヘブバン』イベント初参加の伊波杏樹さんが朗読劇で魅せる!

◆初参加となる伊波杏樹さんの怪演が会場に笑いを巻き起こす
イベントでは麻枝氏が書き下ろす“31Aの日常”をテーマにした朗読劇が行われました。司令部に呼び出された茅森が部隊のメンバーたちを元気付ける激励のメッセージを残している...といったストーリーです。

朗読劇は「Half Anniversary Party!」の際にも行われましたが、今回は以前惜しくもVTR出演で欠席となってしまった逢川めぐみ役の伊波杏樹さんが初参加。


伊波さんは舞台女優としての積極的な活動でご活躍されていることもあり、まるでキャラクター・逢川めぐみが憑依したかのような、熱のこもった演技で会場のファンを魅了しました。

持ち前のサイキック能力を活かし、終始「なまたまご」を「ゆでたまご」に茹であげようと徹し続けるその怪演ぶりは、まさしく舞台上で役になりきる役者の鑑と言えることでしょう。逢川のドスが効いた関西弁を生で聴けたファンは幸せ者です。

そんな伊波さんのユーモア溢れる大立ち回りにイベント会場のファンはおろか、演じる側のキャストたちも劇中でうっかり笑ってしまうような場面さえありました。とはいえ、東城つかさ役の天海由梨奈さん、朝倉可憐役の芹澤優さんらの掛け合いや、和泉ユキを演じる前川涼子さんの鋭い生ツッコミなど、他のキャスト陣も負けてはいません。

朗読劇は伊波さんのテンションに釣られるようにして次第にヒートアップ!

生放送を見ていた視聴者たちからは「カロリー高すぎだろw」「めぐみん迫真すぎて笑う」「めぐみんが憑依してるw」等々のコメントが寄せられていました。伊波さんはイベントそのものが初参加とのことでしたが、「ヘブンバーンズレッド 1st Anniversary Party!」にて無事31Aのメンバーらしい、鮮烈なデビューを飾れたのではないでしょうか。

次ページ:1周年を記念した大型アップデート情報やあの作品とのコラボ情報も飛び出す!

◆1周年を記念した大型アップデートの情報がついに解禁!
朗読劇やヘブンバーンズレディオ出張版などを挟み、会場があったまりを見せた頃合いに念願のアップデート情報のコーナーに。2月10日に日本国内で1周年を迎える本作ですが、韓国版・繁体字版が同日に正式リリースを迎えます。そのため、グローバルに中継を繋いだうえでの発表会となりました。

手始めに紹介されたのはゲーム内バンド「She is Legend」のアルバム「Job for a Rockstar」のジャケットイラストで着用しているスーツ姿の新SSスタイル。いきなり予想外過ぎる発表に会場からは驚きと興奮の声が上がりました。イベントでは柿沼氏による実機プレイでの解説も行われています。

また、SS[ナイトクルーズ・エスコート] 茅森月歌とSS[ナイトクルーズ・アテンダント] 和泉ユキは、本イベントが終了した2023年2月5日(日)22:00から、1st Anniversaryガチャとして早速実装されることになりました。同時に1周年を記念して、「有償クォーツ」と「1st Anniversaryガチャ10連チケット」がセットになったアニバーサリーパックも販売されています。

続いて登場したのはなんと「ライブモード」。

『ヘブバン』内に「She is Legend」の楽曲がリズムゲームとして実装されることが決定しました!

こちらも例に漏れず、誰もが予想していなかった新モードの登場ですが、会場は大盛り上がりです。さらに今回は「ライブモード」の実機プレイを天海さんが挑戦することに。しかもその場の流れで難易度HARDの「Burn My Soul」にチャレンジしましたが、天海さんは見事にクリア...!

単なるオマケモードと言うにはあまりに本格的なリズムゲームとして作られており、生放送の視聴者コメントも「すげぇ別ゲーで出していいレベル」「ガチ音ゲーでわらう」など、新モードのクオリティに期待を寄せる声が多く見られました。筆者も非常に楽しみにしております。実装は2月24日(金)を予定しているようです。

新機能に関して言えば、Steam版のコントローラープレイにも正式対応が告知されました。『ヘブバン』はコンソールタイトルのような感覚で、じっくり腰を据えて遊べるRPG作品です。コントローラーでのプレイについては、開発チームもかなり調整に力を入れているとのことでした。コントローラーの対応は2月10日のアップデートに合わせて実装予定となります。

そして次に発表されたのは、多くのプレイヤーが待ち焦がれていたであろう「メインストーリー第四章後編」。1周年のタイミングで配信とはなりませんでしたが、鋭意開発中となる第四章後編の配信日が正式発表されました。

公開されたPVでは第四章前編に続き、逢川めぐみにフォーカスした内容となっています。新たなロケーションに新種と思しきキャンサー、初登場となるキャラクターの姿も確認できます。配信日は4月28日(土)となります。

一通り1周年のアップデート情報が公開され、宴もたけなわになった頃に最後の重大発表として、再び韓国と繁体字圏との中継を繋ぐ柿沼氏。やけに緊張した空気の中「『ヘブンバーンズレッド』にとって非常にチャレンジングな試みです」と、前置きしたうえで公開されたのは......

聞き慣れたどこか懐かしいピアノの旋律と共に映し出されたのは、ゆーげん先生の描くキービジュアル。そしてその直後には『Angel Beats!』のロゴが......!

そう、発表されたのは『ヘブバン』とTVアニメ『Angel Beats!』とのコラボイベント。この日一番の大盛況となった1周年に相応しい“サプライズ”になりました。会場のファンの中には感極まって思わず涙を流してしまう方もいたようです。

2023年2月10日(金)より、期間限定のスタイルとしてSS[Rain Fire] 仲村ゆり、SS[Earth Angel] 立華かなでが実装されます。また、期間限定コラボイベントストーリー「コスモスが咲き続けた場所」が同日開催。イベントの報酬にはS[Pure Cosmos]入江みゆきが用意されています。なお、本シナリオイベントはコラボイベントの側面を持ちつつも、『Angel Beats!』の新たな物語が紡がれていくとのことです。

イベント内では『Angel Beats!』の主題歌から、劇中で人気を博したガールズバンド「Girls Dead Monster」の楽曲など、さまざまな曲が登場予定とのこと。果たして「She is Legend」との間に何かしら楽曲にまつわる絡みがあったりするのでしょうか...?いちファンとしてもコラボイベントが待ち遠しい限りです。

今回の期間限定SSスタイルは、イベントのキービジュアルとあわせてゆーげん先生による描き下ろしです。どのイラストにも引き込まれるような繊細さがあり、各キャラクターの個性をしっかり引き立てています。一体どのような経緯で『ヘブバン』の世界とクロスオーバーするのか、イベントの詳しい詳細については2月9日(木)の『ヘブバン情報局』にて告知されるそうです。

しかも今回のコラボキャラクターであるSS[Rain Fire] 仲村ゆりは、10日間のログインキャンペーンで1体確定で入手可能!これは見逃せません。

さらにコラボ記念キャンペーンとして、有償クォーツ限定のSS確定ガチャや「Angel Beats!コラボプレミアムパック」の販売も決定しました。最大30回分のガチャが無料で引けるログインガチャのほか、1周年を記念したTVCMも放送開始となります!

1周年を締めくくり、新たな展開で今まで以上のパワーアップを遂げていく『ヘブバン』。いつからデビューしても決して鮮度が落ちないゲーム体験は、ロングスパンで遊べる家庭用向けのRPGと表現しても良いでしょう。

メインストーリー第四章後編や「ライブモード」の実装、『Angel Beats!』とのコラボイベントまで決定し、「ヘブンバーンズレッド 1st Anniversary Party!」は大盛況のうちに終わりを迎えました。今回は茅森月歌を演じる楠木ともりさんがVTRでの出演となりましたが、次回はついに31Aの全キャストが一堂に会する可能性も...?

今後の展開にも要注目です!

©VisualArt's/Key/Angel Beats! Project ©WFS Developed by WRIGHT FLYER STUDIOS ©VISUAL ARTS/Key