大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では誰が演じる?北条義時が熱愛した正室・姫の前

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では誰が演じる?北条義時が熱愛した正室・姫の前
拡大する(全8枚)
令和4年(2022年)の放送予定ながら、三谷幸喜氏の脚本や豪華なキャスト陣の出演によって早くも話題の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。

鎌倉幕府の執権として武士の世を切り拓いた主人公・北条義時(ほうじょう よしとき)の生涯が描かれていく中で、欠かせないのが次世代を託す子供と、その母親となるパートナーの存在。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では誰が演じる?北条義時が熱愛し...の画像はこちら >>


北条義時。『承久記絵巻』より

公式サイトではまだキャストが発表されていないようですが、さすがに妻が登場しないということはないでしょうから、これから誰が演じるのか楽しみですね!

……というわけで、今回は北条義時が熱愛した正室・姫の前(ひめのまえ)について紹介したいと思います。

■「権威無双」の女王様キャラ?

姫の前の生年および実名は不詳、父は比企尼(ひきのあま)の嫡男・比企朝宗(ともむね)。後に「鎌倉殿の13人」の一人となる比企能員(よしかず)は義理の叔父(※)に当たります。
(※)朝宗は永らく男児に恵まれず、比企尼が能員を猶子に迎え、比企の家督を継がせました。

成長した姫の前は源頼朝(みなもとの よりとも)公に女官として仕えていましたが、大層な美貌で知られ、鎌倉幕府の公式記録『吾妻鏡(あづまかがみ)』ではこのように紹介されています。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では誰が演じる?北条義時が熱愛した正室・姫の前


頼朝公にお仕えする姫の前(イメージ)

比企の籐内朝宗が息女、当時権威無双の女房なり。殊に御意に相叶う。容顔太(はなは=甚)だ美麗なり

「殊に御意に相叶う」とは、特にお気に入りだったことを意味し、デレデレと鼻の下を伸ばしていた頼朝公と、それを横目で睨みつけ、お尻をつねり上げる妻・北条政子(まさこ)の姿が目に浮かぶようです。

この記事の画像

「大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では誰が演じる?北条義時が熱愛した正室・姫の前」の画像1 「大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では誰が演じる?北条義時が熱愛した正室・姫の前」の画像2 「大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では誰が演じる?北条義時が熱愛した正室・姫の前」の画像3 「大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では誰が演じる?北条義時が熱愛した正室・姫の前」の画像4
「大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では誰が演じる?北条義時が熱愛した正室・姫の前」の画像5 「大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では誰が演じる?北条義時が熱愛した正室・姫の前」の画像6 「大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では誰が演じる?北条義時が熱愛した正室・姫の前」の画像7 「大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では誰が演じる?北条義時が熱愛した正室・姫の前」の画像8
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク