「人気取りのバラマキが国を滅ぼす!」財務次官の反乱に岸田首相も激怒 裏には財務省の増税シナリオ?

「人気取りのバラマキが国を滅ぼす!」財務次官の反乱に岸田首相も激怒 裏には財務省の増税シナリオ?
拡大する(全1枚)

「まるで古代ローマ時代のパンとサーカスのようだ」

財務省の矢野康治事務次官(58)が、岸田文雄首相の経済政策や与野党の選挙公約を「人気取りのバラマキだ」として公然と批判する投稿を、月刊誌「文藝春秋」(2021年10月8日発売)に寄せた。

現役トップ官僚が、政権を批判するのは極めて異例だ。本人は「間違ったことを正すのは公僕の務め」と主張するが、この突然の「反乱」の裏に何があるのか。財務省が狙う「コロナ増税の布石」という見方がもっぱらだが......。

高市早苗政調会長「大変失礼な言い方だ」

10月14日の衆議院解散を間近に控えた大詰めにきて、突然勃発した財務省事務次官の「反乱」を読売新聞(10月9日付))「矢野財務次官『バラマキ合戦だ』... 衆院選・総裁選での経済対策論争を批判、財政破綻への懸念示す」が、こう伝える。

「寄稿では、総裁選などで数十兆円規模の経済対策や基礎的財政収支の黒字化目標の先送りなどが議論されたことに触れ、『国庫には無尽蔵にお金があるかのような話ばかりが聞こえてくる』と指摘した。『昨春の10万円の定額給付金のような形でお金をばらまいても、日本経済全体としては死蔵されるだけ』と批判した。鈴木俊一財務相は8日の閣議後記者会見で、矢野氏の寄稿は麻生太郎前財務相の了解を取っていると明らかにし、『個人の思いをつづったと書いている。問題だと思っていない』と述べた」

直属の上司である鈴木財務相は「個人の意見だから問題ない」とかばったようだが、岸田文雄首相をはじめ、政権・与党幹部がみな激怒した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク