「栄枯盛衰」は世の習い...就職人気企業ランキング10年比較 「銀行」「航空」凋落、トップ10入り続けた唯一の会社は?
拡大する(全1枚)

「10年ひと昔」というが、ビジネスの世界も浮き沈みは激しい――。

就活中の学生に人気の企業にも栄枯盛衰があることが、就活生支援の情報サービス「学情」が2022年2月1日に発表した2014年卒から2023年卒までの10年間における「就職人気企業ランキング10年比較」でわかった。

10年間トップ10位に入り続けた企業は、たった1社しかなかった。さて、それはどこだろうか。

人気業界は絶えず変化していた

学情の「就職人気企業ランキング10年比較」によると、10年間トップ10に入り続けた企業は伊藤忠商事だけだった。ざっと10年間を振り返ると、こんな流れが読み取れる。

(1)10年前(2014年卒)は、トップ10に「商社」3社、「金融」2社がランクイン。三菱東京UFJ銀行(現・三菱UFJ銀行)は、2017年卒のランキングまで上位10社に入り続けており、現在の社会人5年目にあたる世代までは、「金融」が高い人気を誇っていた。

(2)2016年卒~2019年卒は、ANA(全日本空輸)が4年連続で首位を独占。JAL(日本航空)も上位10社に入っており、現在の社会人3年目~6年目にあたる世代までは、「旅行」「レジャー」が人気だった。

(3)2020年卒~2023年卒は、伊藤忠商事が4年連続で首位を獲得。味の素やアサヒ飲料など「食品」も高い人気を誇った。

【2014年卒と2015年卒】「半沢直樹」人気の銀行の黄金期もあったが...