2023年卒就活生の内定率8割、進路確定率6割! 就活も「終盤戦」...絞り込みに悩む学生、企業は丁寧な説明を
拡大する(全1枚)

2023年卒大学生・大学院生の就職活動が終盤戦に入った。新型コロナの拡大が落ち着いたこともあり、企業側も過去2年間、思うようにできなかった若い人材確保の挽回に懸命だ。

そんななか、リクルートの就職・採用関連の研究機関「就職みらい研究所」が2022年6月23日、2023年卒大学生・大学院生を対象にした就活状況を調べた「2022年6月12日時点 内定状況」を発表した。

6月12日時点で早くも内定率は約8割、進路確定率も約7割近くに達し、2017年卒以降最も速いペースで進んでいる。

4社以上から内定とった学生が18%も

それによると、就職内定率(大学院生を除く)は76.5%で、昨年(2022年卒対象)の同じ時点の74.1%に比べ、2.4ポイント上回るペースだ=図表1参照。理系が83.3%と、文系の73.7%を9.6ポイント上回っている。また、女性(77.2%)のほうが男性(75.9%)よりも内定率がやや高いことが目につく。6月1日時点では男性のほうが高かったから、追い込みで逆転した形だ。

内定取得先の業種をみると、情報・通信業が25.0%と、ダントツに高いことが特徴だ=図表2参照。ITスキルを持つ人材は、世界的に奪い合いが激しく、優秀な学生は早くから海外からも誘いの手が伸びる。また、IT業界は就活ルールを定める日本経済団体連合会に属していないベンチャー系企業が多いといわれ、一般に「内定出し」が早い傾向があるようだ。