アトランタで奇跡、東京は? 前園真聖が語る五輪サッカー(前編)【特集・目指せ!東京2020】

アトランタで奇跡、東京は? 前園真聖が語る五輪サッカー(前編)【特集・目指せ!東京2020】
現在はサッカー解説者やテレビ番組出演はじめ幅広く活動する前園氏

1996年のアトランタ五輪で世界最強のブラジルを破り、世界に衝撃を与えたサッカー23歳以下の日本代表。この「マイアミの奇跡」を起こしたチームのキャプテンを務めたのが、前園真聖氏だ。

今、自身が出場した五輪をどう振り返るのか。また来年の東京五輪に臨む23歳以下の日本代表の評価は。同氏のインタビューを2回にわたりお届けする。(インタビュアー・石井紘人 @ targma_fbrj)

五輪が終わった後に海外移籍したいと言い続けた

――アトランタ五輪は、グループリーグ同組だったナイジェリアが金メダル、ブラジルが銅メダルでした。そんな凄いグループで日本がブラジル、ハンガリーと2勝できた背景として、当時のJリーグにレベルの高い外国人選手がいたことも関係しているでしょうか。

前園 間違いなく関係ありました。横浜フリューゲルスでチームメイトだった二人、ジーニョはFIFAワールドカップ(W杯)1994年米国大会でブラジルを優勝に導いた後でしたし、サンパイオはその次のW杯1998年フランス大会でブラジル準優勝の原動力になりました。「元」ではなく、現役のブラジル代表レギュラーが二人もチームにいるなんて、今のJリーグでは考えられません。ヴィッセル神戸のイニエスタは凄い選手で話題にもなっていますが、そのレベルの選手が二人もいるのですから。
もちろん、全体的なレベルは今のJリーグの方が高いと思います。
でも、日本がW杯に出場したことのない時代に、世界のトップの選手と毎日練習できる環境があり、世界へのお手本が常に目の前にあって、何でも(技術を)盗めて、聞けて、質の高い練習が出来ていたのは、自信に繋がりました。五輪でも、「ブラジル代表と練習から一緒にやっているのだから」と思っていました。

あわせて読みたい

J-CASTトレンドの記事をもっと見る 2019年10月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら