ジュビロ磐田・藤田義明ゲス不倫の実態「口止め料は20万円」
拡大する(全1枚)

「一方的な別れ話をされた後、藤田からはなんの音沙汰もなかったんです。なのに突然、藤田の代理人を名乗る弁護士から電話がきて……。『藤田さんと3人でお話がしたい』と、都内のビルに呼び出されました。正直、わけが分かりませんでした。結局、『藤田との関係をどこにも漏らさないでくれ』ということだったんです。“口止め料”ということなんでしょうが、その場で20万円を提示されました。私はどこにも話すつもりなんかなかったのに……」



強い口調でこう話す20代前半のAさんは、大きな瞳が印象的な美人。彼女はサッカーJリーグの名門チーム、ジュビロ磐田の藤田義明選手(33)と不倫関係にあったという。半年間の交際の末、一方的に別れを告げられたAさんは「この事実を記事にしてほしい」と本誌に訴え出たのだ。



藤田選手といえば、夫人は元ワンギャルの井川絵美(36)。長女(8)と長男(4)にも恵まれ、井川が『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)に出演した際には、“イケメン夫”と紹介されていた。台湾人とのハーフである藤田は、今年7月に台湾代表入りを要請された実力の持ち主でもある。



そんな絵に描いたような幸せな家庭を持つ藤田が、家族を裏切る“ゲス不倫”をしていたというのだ。



「初めて会ったのは、ジュビロの選手7人との合コンでした。最初から藤田は私のことが気に入ったみたいで、終始ロックオンされてたんです。飲み会が終わってから『品川のホテルに一緒に泊まろう』と誘われました。その日は断って帰りました。でもその時、奥さんや子供がいるという肝心なことは教えてくれませんでした。 最初から不倫だって知っていたらこんなことには……。しかも、さらにひどいことに、私と出会った日、彼は本当は6年ほど交際していた別の女性とそのホテルに泊まるつもりだったんです。でもその女性が急に来れなくなって、私はその“穴埋め”だったと、後日、本人から教えられました」