Google検索と感情の研究。「不安」でググる回数が多い地域ほど不安を多く感じていることが判明

Google検索と感情の研究。「不安」でググる回数が多い地域ほど不安を多く感じていることが判明


 ありとあらゆる情報が手に入るインターネット。Google(グーグル)で検索することを意味する「ググる」という言葉もすっかり定着しており、今や日常生活に欠かせないものとなった。

 日々、さまざまな言葉がググられているわけだが、もしかしたらその検索データから人々の不安感を読み解ける可能性があるようだ。

 オーストラリア、カーティン大学の浜村武氏が行った研究によると、「不安」とググられた回数にはその地域に暮らしている人々が感じている不安が正確に反映されていたのだとか。
【日本ではお馴染みの「五月病」は本当にあるのか?】

 浜村氏は、普通では研究が難しい問題をビッグデータで分析する方法の一例として今回の研究を行っている。

 たとえば、入学や就職などのシーズンがひとまず落ち着き5月に入ると、環境の変化によるストレスや疲れのせいか五月病なる心の病が流行り出すと言われている。

 日本人にはお馴染みの話だが、浜村氏によると、じつはこれをきちんとデータで裏付けた研究は少ないのだそうだ。

 というのも、この手の現象をきちんと調べるにはかなりの期間にわたり定期的に人々の不安感を調査しなければならないからだ。

 これはかなり大変な調査であって、ほとんどなされることはないとのこと。

[画像を見る]

【「不安」とググられている地域では心理的ストレスも高い傾向】

 そこで、グーグル・トレンドを利用しようではないかというのが浜村氏のアイデアだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月2日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。