いまだ真相は藪の中。歴史的に有名となった10の不気味な失踪事件

いまだ真相は藪の中。歴史的に有名となった10の不気味な失踪事件

iStock
恐ろしく謎めいた話には、尾ひれがついて誇張された部分があるとしても、大抵は本当にあったことをベースにしている。そうした話を聞くと、思わず背筋が凍る。いくら怖いもの好きな人でも、心底震え上がる本当に不気味な話があるのだ。

毎年、人が跡形もなく忽然と消えてしまうという事件が起こり、家族や警察はなにがあったのかを必死で解明しようとするが、すっかり行き詰まってしまう。いまだに歴史家や専門家を困惑させている、そんな不可解な失踪事件を見ていこう。
【10. メアリー・セレスト号の乗組員失踪事件】

1872年11月5日、メアリ・セレスト号は、工業用エタノールを積んで、ニューヨークからイタリアのジェノバに向けて出港した。


およそ一ヶ月後、デイ・グラティア号のデヴィッド・モアハウス船長らが、ポルトガルのアゾレス諸島の東640キロ付近を漂流しているメアリ・セレスト号を見つけた。

モアハウスたちは、セレスト号に乗り込んで調べたが、船が損傷しているわけでもないのに、船内には人っ子ひとりいなかった。

救命ボートはなかったが、半年分の食糧の備蓄はそのままだったし、争いの痕跡もなく、積荷も手つかずだった。

モアハウスたちは、打ち捨てられたセレスト号をジブラルタルまで曳航し、なぜ、乗組員たちが消えてしまったのか、その原因を解明するために更に詳しい調査が行われた。

クラーケン、幽霊、海賊などさまざまな説が浮上したが、いまだに真相はわかっていない。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク