【160万部の問題作】食物連鎖パニックホラー『食糧人類』のグロ未来

『食糧人類-Starving Anonymous-(1)』(漫画:イナベ カズ 原作:蔵石 ユウ 原案:水谷 健吾)

冷凍された人間が生きた人間の手によって食肉工場で加工されるように切断され、謎の巨大生物に生きながら皮を剥がれ頭から捕食される……。

そんな目を覆いたくなるようなショッキングな光景が冒頭から矢継ぎ早に展開し、強烈な描写で見る者を圧倒する『食糧人類 ーStarving Anonymousー』。水谷健吾がエブリスタにて執筆していた小説『食糧人類』を原案に、『アポカリプスの砦』の蔵石ユウ/イナベカズの黄金コンビが挑む、人類生存を賭けた「食物連鎖」パニックホラーだ。

【160万部の問題作】食物連鎖パニックホラー『食糧人類』のグロ未来

極限状態の人間が課題を解決するために足掻くところに、強烈なカタルシスをもたらしてくれる。手に取る者を徹底的に選ぶ劇薬なジャンルにも関わらず、4巻時点で累計160万部を突破し、今最も注目されている問題作である。

舞台は現代日本。原因不明の異常気象による温暖化が進み、3月なのに真夏のような気候。人類が着実に滅びに向かっていることを示す不穏なニュースばかりが報じられる世の中。息苦しく閉塞感を覚える作品世界は、我々が暮らす現実の日本社会と重なるような既視感を覚えてしまう。

そういう閉塞感を打破したいという思いからなのか、見慣れた日常が突然変化するというシチュエーションの「異世界転生モノ」する物語が流行るのは非常に共感できるのだが、本作のシチュエーションは、「日常がある日突然自分が食肉として処理される対象になる」という状況だ。ああ、なんて嫌すぎる状況だろうか。

【160万部の問題作】食物連鎖パニックホラー『食糧人類』のグロ未来


本作の主人公である伊江は、友人のカズと帰宅途中のバスの車中で催眠ガスを撒かれ、謎の施設「ゆりかご」へと拉致される。しかし伊江は特異な体質をもつためか、催眠ガスがあまり効かずに「ゆりかご」内で処理される前に目覚めてしまう。さっきまで、ファーストフードのチキンナゲットを美味しそうに食べていた「捕食者」であった彼は、目が覚めたら「捕食される側」へと立場が逆転しているのだ。

そのあとの展開を思うと、気づかずに処理されていた方が幸せだったのでは……と思ってしまう出来事が次から次へと襲いかかる。死ぬならひと思いに派のワタシにとっては伊江の立場にはなりたくないなぁ……と思ってやまない。


あわせて読みたい

講談社コミックプラスの記事をもっと見る 2018年3月23日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。