会話サービス事業、生活総合補助サービス(家事代行)事業などを手がける株式会社2Lでは、2022年8月1日(月)より、介護施設・病院などの「法人」や、高齢者・体が不自由な方・独り暮らしで話し相手を必要としている「個人」などを対象に、『会話サービス「ざつだん」』と『総合生活補助サービス(家事代行サービス)「マッチ」』の新たな形のサービスの提供を始めました。

“ざつだん”はオンラインでもOK。
生活補助サービスは、“何でも気軽に頼める”をモットーに行います。

日常の困りごとの解決を、“あと一歩”サポートする
日本はこれまでにない「高齢化社会」を迎えています。核家族化が進み、子ども世帯と離れて「単身で暮らす高齢者」は確実に増加しています。また、一生を独身で過ごす「ソロ化」も進行しています。さらに、病気と共存しながら独り暮らしをしている方も増えています。

こうした社会の多様化が進む一方、「話し相手を見つけられたら」「日常のちょっとした場面で、困りごとを手助けして貰えたら」といった悩みを持つ人も、少なくありません。


株式会社2Lでは、「法人」や「個人」のお客様のこうした悩みにお応えし、解消できるよう最大限サービスを提供してまいります。

『会話サービス「ざつだん」』と『総合生活補助サービス(家事代行サービス)「マッチ」』
株式会社2Lのサービスは、おもに『会話サービス「ざつだん」』と『総合生活補助サービス(家事代行サービス)「マッチ」』の2つです。

1. 『会話サービス「ざつだん」』
スタッフ不足で、利用者の方と会話業務を充分に行えていないという施設や病院など「法人」の場合、レクリエーション企画をお請けしたり、スタッフの皆様が書類作成業務の時間などを作れるよう、患者や利用者の皆様との会話を、株式会社2Lのスタッフ(パートナー)が行ったりと、「法人」の皆様のさまざまなニーズにお応えしてまいります。

「個人」のお客様の場合は、独り暮らしの高齢者の方や、“誰かと話したい”といった方の切実な「声」を確実にすくい上げ、寄り添いながら会話してまいります。

2. 『総合生活補助サービス(家事代行サービス)「マッチ」』
いわゆる“家事代行”のようなきっちりとしたご依頼ではなく、「日常の1コマを助ける」業務をモットーに、日々の暮らしを“ちょっとサポートする”ご依頼に対応していきます。

例えば、「肩が上がらず衣替えができないからやってほしい」や「寂しいから一緒にご飯を食べてほしい」「大掃除を手伝ってほしい」「買い物をしてきてほしい」「高いところの電球を替えてほしい」など、日常の“ちょっとした”困りごとに素早く対応します。


どのサービスも面接をクリアした「パートナー」と呼ばれる弊社スタッフが対応してまいりますので、気兼ねなくご利用・ご相談いただけます。

「個人」の方が利用される場合は、最短で2時間後から予約が可能(「法人」の場合は3時間後から)です。“日常の困りごとに対応”する『総合生活補助サービス(家事代行サービス)「マッチ」』は、スピード感も抜群。「買い物代行」のご依頼があった場合、欲しい商品を時間内に見つけるよう懸命に努めますので、「売り切れ」や「手に入らない」といった事態はほとんど起こりません。

料金も「個人」のお客様の場合、『会話サービス「ざつだん」』『総合生活補助サービス(家事代行サービス)「マッチ」』ともに、それぞれ1プラン30分900円(10パーセントOFF価格。通常価格は30分1,000円)という、シンプルで明瞭な体系。
追加請求も一切なく安心です。(*注)

(*注) 料金プランにつきましては、「法人」のお客様、また「個人」のお客様におかれましても、URLにて詳細をご確認ください。

▼「株式会社2L」公式Webサイト: https://www.2lcorp.info

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※公式サイト
https://www.2lcorp.info

元の記事を読む