スポーツ志向が強かったクーペ、よりスペシャリティー的な味付けのLB|読者が選ぶ国産旧車人気ランキング2014【9位】|1976年式 トヨタ セリカリフトバック1600 ST Vol.2

スポーツ志向が強かったクーペ、よりスペシャリティー的な味付けのLB|読者が選ぶ国産旧車人気ランキング2014【9位】|1976年式 トヨタ セリカリフトバック1600 ST Vol.2
拡大する(全2枚)
【1976年式 トヨタ セリカリフトバック1600 ST Vol.2】
読者が選ぶ国産旧車人気ランキング 2014 9位 斬新なデザインや画期的な販売形態を取り入れたセリカであったが、1973年4月には新たなボディバリエーションを追加した。それが、リフトバック(以下:LB)だ。

 こちらもコンセプトカーがベースとなっており、71年の東京モーターショーで披露された「SV‐1」が原形。クーペよりもフロントオーバーハングを70mm延長し、リアオーバーハングを20mm短縮。そして全長は50mm延長され、ロングノーズ&ショートデッキのファストバッククーペのシルエットを実現。加えて、全幅を20mmワイド化して全高を低くすることで、より安定感のあるフォルムを手に入れた。そして、スポーツ志向が強かったクーペに対し、LBはよりスペシャリティー的な味付けが施されていたのである。

 なお、LB追加後にクーペのマスクをLBと同デザインに変更。さらに排ガス規制へ対応するためにエンジンルームを拡大し、これに伴いホイールベースを延長。さらに、前後の意匠もリファインされた。こうしてコンセプトカーから誕生したスペシャリティーのパイオニアは熟成の域に達したのだ。

GTOからLBに路線変更きっかけはスタイリング!木目調のクラスターパネル、ステアリング、シフトノブを採用したSWパックなど【写真9枚】

スポーツ志向が強かったクーペ、よりスペシャリティー的な味付けのLB|読者が選ぶ国産旧車人気ランキング2014【9位】|1976年式 トヨタ セリカリフトバック1600 ST Vol.2
 

OWNERS VOICE/漆間淳郎さん

この記事の画像

「スポーツ志向が強かったクーペ、よりスペシャリティー的な味付けのLB|読者が選ぶ国産旧車人気ランキング2014【9位】|1976年式 トヨタ セリカリフトバック1600 ST Vol.2」の画像1 「スポーツ志向が強かったクーペ、よりスペシャリティー的な味付けのLB|読者が選ぶ国産旧車人気ランキング2014【9位】|1976年式 トヨタ セリカリフトバック1600 ST Vol.2」の画像2

当時の記事を読む

Nosweb.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「トヨタ」に関する記事

「トヨタ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「トヨタ」の記事

次に読みたい「トヨタ」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。