独自の世界観で注目のサックス奏者・石川周之介が語る「日本のジャズシーン」

独自の世界観で注目のサックス奏者・石川周之介が語る「日本のジャズシーン」
太田出版ケトルニュース
ジャズサックス奏者・石川周之介がアルバム『Mind Your Step』を9月16日に発表した。石川は、自身のプロジェクト「Uit Nederland(アウトネーデルランド)」でのパフォーマンスのほか、野宮真貴、畠山美由紀、中塚武、青木カレンといった多彩なジャンルのヴォーカリストをサポート。さらに2013年にはマイケル・ジャクソンの音楽プロデューサーとしても知られるクインシー・ジョーンズの32年振りとなる来日公演のビッグバンドにも参加するなど、幅広く活躍する注目のサックスプレイヤーだ。

そんな石川にリリースしたばかりのアルバムの魅力、9月に敢行した欧州ツアー、さらには日本のジャズシーンについて話を聞いた。

「アルバムのコンセプトは『季節のある風景』です。自分のバンドで演奏する時、常に聴いている方々の頭の中に、それぞれの季節の風景を思い描いて欲しいと思っています。ときには春の大自然であったり、別れの時期の空港の出国ゲートであったり、秋の夜長の高速道路であったり……。ちなみに、今回のアルバムの中では『雨琴 —yuuchin—』(ユーチン)という曲がもっともそのコンセプトを体現しています」

アルバムの中でもひときわ独特な世界観を放つバラード曲『雨琴 —yuuchin—』。極めて東洋的な旋律とそれを繊細に表現する石川の息づかい、そしてピアニスト、ベーシスト、ドラマー各々が魅せる叙情的なプレイは、聴くものに“竹林に静かに降る雨”を想起させる。特に、音の濃淡をコントロールしながらテナーサックスに息を吹き込む石川の演奏は、水墨画家の筆運びを思わせる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る 2015年10月23日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ホイットニー・ヒューストン」のニュース

次に読みたい関連記事「ホイットニー・ヒューストン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ビヨンセ」のニュース

次に読みたい関連記事「ビヨンセ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テレサ・テン」のニュース

次に読みたい関連記事「テレサ・テン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。