ファンファンラーニング、2020年度の英語学習必修化に向け、東京学芸大などと共に進めるエンターテインメント型英語教育の産学協同研究を本格稼働

ファンファンラーニング、2020年度の英語学習必修化に向け、東京学芸大などと共に進めるエンターテインメント型英語教育の産学協同研究を本格稼働
10月18日には、東京学芸大学附属世田谷小学校にてエンターテインメント型・英語学習ミュージカル「マグナとふしぎの少女」を上演

 「遊ぶようにワクワク学ぶ!」をコンセプトに、アクティブラーニングとエンターテインメントを掛け合わせた「ファンラーニング」のメソッドを用いた英語学習方法を開発するファンファンラーニング株式会社(代表取締役:山中 裕人)と国立大学法人 東京学芸大学(学長 出口 利定)、東京学芸大こども未来研究所(理事長 鉃矢 悦朗)は、テクノロジーの発展とグローバル化が加速する新時代に対応したファンラーニング型・英語学習コンテンツの産学協同研究を10月18日より本格的に開始いたします。


[画像1: https://prtimes.jp/i/37892/2/resize/d37892-2-768702-4.gif ]


ファンファンラーニング株式会社が目指すのは、エンターテインメントの力で英語学習を楽しくて夢中になれるものに変えることです。子ども達が「遊ぶようにワクワク学ぶ!」ことこそが最も効果的という考えに基づいて、アクティブラーニングとエンターテインメントを融合させた独自のファンラーニングメソッドを開発しました。オリジナル冒険ストーリー「マグナとふしぎの少女」を体験できるミュージカルや英語学習アプリ等のファンラーニング型英語学習コンテンツを通して夢中で遊んでいるうちに自然と英語力を身につけるという、新しい学習体験を作り出します。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2018年10月11日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。