【ライブレポ】頭脳警察結成50周年ライブ<「頭脳警察 搖れる大地に」結成50周年1stライブ ~ 初の野外天幕に挑む>

【ライブレポ】頭脳警察結成50周年ライブ<「頭脳警察 搖れる大地に」結成50周年1stライブ ~ 初の野外天幕に挑む>
頭脳警察が結成された1969年はどんな時代だったのか。PANTAは語る。「1969年、それは始まりではなく終わりの年だった」過去へと思いを馳せるべきか......否!頭脳警察はここにいる。PANTA、TOSHI、そして再結成の1990年に生まれた新メンバー、ギター・澤竜次(黒猫チェルシー)、ベース・宮田岳(黒猫チェルシー)、ドラム・樋口素之助を引き連れ頭脳警察は今、ここにいる。
【ライブレポ】頭脳警察結成50周年ライブ<「頭脳警察 搖れる大地に」結成50周年1stライブ ~ 初の野外天幕に挑む>

頭脳警察結成50周年1stライブ<「頭脳警察 搖れる大地に」結成50周年1stライブ ~ 初の野外天幕に挑む>

結成50周年を迎えた頭脳警察。その新バンドでの1stライブが新宿花園神社 水族館劇場天幕(テント)野外劇場にて特別公演として行われた。今回は、水族館劇場のテーマ曲をPANTAが作曲。特別公演として頭脳警察史上初となる、天幕(テント)野外劇場でのライブが決定したのだ。ゲストキーボードにテーマ曲のアレンジにも参加したアーバンギャルドのおおくぼけいを迎えた布陣である。開場前より劇場には観客が集まり、酔客との小競り合いが起こるなど、会場内には緊張感が漂う。日が落ち、照明が灯ると劇場内の雰囲気も最高潮に上がる。そこへ、おおくぼけいが現れピアノソロを奏で始める中にPANTA、TOSHIが登場。先日亡くなられた月蝕歌劇団主宰の高取英氏への追悼を込めた「アメリカよ」の朗読からライブは始まった。テントという特殊な環境とPANTAの野太い朗読に会場内の空気は一変。そこへ澤竜次、宮田岳、樋口素之助が入場。「時代は

あわせて読みたい

気になるキーワード

Qeticの記事をもっと見る 2019年4月15日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Base Ball Bear」のニュース

次に読みたい関連記事「Base Ball Bear」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ストレイテナー」のニュース

次に読みたい関連記事「ストレイテナー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「m-flo」のニュース

次に読みたい関連記事「m-flo」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。