危険、迷惑、騒音問題…日本の「スケボー」を変える20歳・池田大亮の等身大の夢
拡大する(全1枚)

10月10日、東京・新豊洲にナイキジャパンがデザインを手がけたスポーツパーク「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」がオープンした。「スポーツの日常化」を掲げ、ヨガやダンスなどを楽しめる広場、回転遊具や全長約280mのランニングトラックのほか、3×3のバスケットボールコート、ボルダリングにヒントを得た立体ジャングルジム、そしてバンクやボックス、レールなどを備えたスケートボードプラザと、若者に人気のニュースポーツを取り入れたセクションが用意されている。
特にストリートの「遊び」から生まれたスケートボードは、体験や練習環境が乏しい競技でもある。13日に行われたオープニングイベントのゲストで、「ストリート」「パーク」の両種目ともに高いレベルでこなす万能スケートボーダー、池田大亮にスケートボードを取り巻く環境の変化について聞いた。

(インタビュー・構成=大塚一樹[REAL SPORTS編集部]、写真=NIKE)

ストリート発祥の「遊び」から競技へ 新種目のスケートボード

スケートボードは、ストリートカルチャーから生まれた新しいタイプのスポーツだ。もともと街中にあるものを利用して自由に滑り、トリックに挑戦する競技とは一線を画すものだったこともあり、ルールや採点方法が確立されたのは、1990年代にX Gamesが誕生してからのこと。

8月に20歳になったばかりの池田大亮は、物心ついたときから競技としてのスケートボードに触れ、地元開催の大会で正式種目に採用されるという大きな転機を経験している。