BTS映画、音楽ドキュメンタリー映画として全米史上1位を記録

BTS映画、音楽ドキュメンタリー映画として全米史上1位を記録
BTSの『Burn the Stage: The Movie』が公開と同時に全米興行収入10位にランクインを果たし、イベント映画の世界記録を更新した。

ボーイズ・グループBTS(防弾少年団)が今年達成した数え切れないほどの偉業に、新たな栄誉が加わった。デビューアルバムが全米1位を獲得し、アメリカのスタジアムでライブを行った初のK-Popグループという栄誉に授かったBTSを描いたドキュメンタリー映画は、先週末の全米公開とともにアメリカでもっとも高い興行収入を記録した音楽制作を描いたイベント映画になりつつある。

2017年に19都市をめぐったWINGSツアーの舞台裏を記録したドキュメンタリー映画『Burn the Stage: The Movie』は15日木曜日の公開初日に140万人を動員した、と配給元のTrafalgar Releasingが発表した。今回の動員数は、2014年に公開されたワン・ダイレクションのドキュメンタリー映画『One Direction: Where We Are』の120万人という動員数を超え、これまでの世界規模のイベント映画というジャンル(スポーツ試合、バレエ、オペラをはじめとするライブおよび録画イベントの映画スクリーンでの上映を指す)においてもっとも高い興行収入を記録した。

今回のドキュメンタリー映画は、同じ週末に公開された『グリーン・ブック』や『At Eternitys Gate(原題)』などのアメリカのメジャー作品を差し置いて、全米ボックスオフィスで初登場10位にランクインした。現時点では360万ドルもの興行収入を集め、アメリカ史上最高収益のイベント映画になっている。さらには、英国チャートでも6位を獲得し、83万ドルを集めている。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2018年11月23日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。