視点、行間、見出し GRAPEVINEの世界観に欠かせないもの

視点、行間、見出し GRAPEVINEの世界観に欠かせないもの
デビュー20周年を経ても、何かに媚びることなく、独自のスタンスで、良質な音楽を奏で続けるGRAPEVINE。16枚目のアルバム『ALL THE LIGHT』を通してバンドの世界の核に迫った。

―2017年からの1年間がデビュー20周年イヤーでしたが、いかがでしたか?

田中和将(Vo, Gt):普通、20周年ともなれば、ベスト盤を出したり、トリビュート盤を出したりするんやと思うんです。でも、リテイクするお金があるんだったら新しいものを作った方がいいっていう考えなので、いつもどおり新しいアルバムを出してツアーをやっていましたね(笑)。

西川弘剛(Gt):つまり、お祝いしにくいバンドなんですよね。お祝いしやすくしてあげればいいのになぁとは思いますけどね。

―自覚があるんですね(笑)。

田中:ええ。圧倒的にそういう親切さが欠けているバンドであることは確かですね(笑)。

―昨今の周年ブームとは違う時間を過ごしたところがGRAPEVINEらしいなぁと(笑)。そんな周年を経てリリースされるアルバムが『ALL THE LIGHT』。収録曲には”光”のことを歌った曲も複数ありますが、アルバムのテーマはずばり”光”ですか?

田中:”光”というテーマを設定してこのアルバムを作った訳ではないんです。歌詞から引っ張られて出てきた感じです。アルバム最後の「すべてのありふれた光」や、その前の「Era」という曲の「二段締め」の効果もあって光の印象が強いアルバムだなと感じまして、タイトルとしては『ALL THE LIGHT』が一番気持ちいいんじゃないかなと。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年2月10日の音楽記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。