モー娘。ライブの舞台裏 スイッチャーが狙う「ベストな画」

モー娘。ライブの舞台裏 スイッチャーが狙う「ベストな画」
20周年イヤーを駆け抜けてきたモーニング娘。19が、令和初となるシングル「人生Blues / 青春Night」をリリースした。Rolling Stone Japan vol.06に掲載された特集「スタッフとメンバーが初めて明かすモーニング娘。19 ライブの舞台裏」の中から、今回はスイッチャー担当・松永一正 (ヒビノビジュアル)氏の記事をお届けする。

モーニング娘。19のコンサートに欠かせない大型ビジョンは、会場の奥までメンバーの熱いパフォーマンスを届けるためには欠かせない存在だ。スイッチャー松永氏の仕事は、ビデオカメラで撮影された映像をリアルタイムで切り替えること。ベストな画を届けるために、彼は綿密な準備をした上で現場に臨む。℃-uteやBerryz工房との仕事を経て、約1年前に前任者からバトンを受け取った氏に話を聞いた。

「カット割り」のプロセス

ー松永さんが担当している仕事の内容を教えてください。

モーニング娘。19のコンサートには基本的に3カメがついていて、ステージ前に2台、客席後方に望遠のカメラが1台あります。僕の仕事としては、まずツアーが始まる前に行われるスタジオでのゲネプロを見て、そこで撮った映像を確認し見ながらカメラのカット割り、つまりこの場面ではどのカメラが誰を撮るのかといったことを1曲ごとに決めていきます。そして、本番ではそのプランにしたがって3つの映像をスイッチングして大型スクリーンに映し出します。さすがにカット割りは全部覚えられないので、事前にメモしたものを手元に置いています。本番をやってみて「これは無理やな」と感じたところは直すこともあります。武道館公演だと、カメラはさらに3台くらい追加されますね。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年6月12日の音楽記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。