ロバート・プラント、楽曲生誕の地で23年ぶりに「移民の歌」を披露

ロバート・プラント、楽曲生誕の地で23年ぶりに「移民の歌」を披露
1970年にレッド・ツェッペリンが初めてアイスランドをツアーしたときに誕生したとされる「移民の歌(Immigrant Song)」。1996年来、23年ぶりにロバート・プラントが「移民の歌」をステージで披露した。

ロバート・プラントが6月末、アイスランドのサマー・ソルスティス・フェスティバルに出演し、自身のセットの最後をかなり端折った「移民の歌(Immigrant Song)」で締めくくった。レッド・ツェッペリンのこの曲を披露したのは1996年にペイジと行ったコンサート以来のことだ。プラントがソロライブでツェッペリン時代の曲を全く異なるアレンジで演奏することはよくあるのだが、会場にいたファンが撮影したYouTube動画を見るとわかるように、かなり端折ったバージョンとはいえ、今回はオリジナルに近い形で演奏されている。

1970年にレッド・ツェッペリンが初めてアイスランドをツアーしたとき、ジミー・ペイジとロバート・プラントが作ったのが「移民の歌」だ。「俺たちはアイスランドに行った。そのとき、バイキングや大きな船を思い浮かべた。そしたら、いきなり『移民の歌』が生まれたのさ!」と、1970年にプラントが言っている。アルバム『レッド・ツェッペリンIII』に収録されたこの曲はシングルカットされ、アメリカの音楽チャートのホット100で16位になった。これは、アメリカ国内では「胸いっぱいの愛を」と「ブラック・ドック」に続く、3番目に大きなヒット曲だ。発売後2~3年間、この曲は彼らのライブでの定番曲となっていたが、1973年1月にセットリストから外してしまい、その後ツェッペリンとして一度も演奏することはなかった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年7月3日の音楽記事

次に読みたい関連記事「ザ・ビートルズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ザ・ビートルズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ピンク・フロイド」のニュース

次に読みたい関連記事「ピンク・フロイド」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「はっぴいえんど」のニュース

次に読みたい関連記事「はっぴいえんど」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。