ポール・マッカートニーがロサンゼルス公演でリンゴ・スターと共演

記事まとめ

  • ポール・マッカートニーがロサンゼルス公演でリンゴ・スターと共演した。
  • ファンにサプライズを用意し、マッカートニーがかつてのバンド仲間のを紹介すると、観客は大喜びで大声援をおくった。
  • 「サージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」と「ヘルター・スケルター」を演奏した。

ポール・マッカートニーLA公演でリンゴ・スターと共演(動画あり)

ポール・マッカートニーLA公演でリンゴ・スターと共演(動画あり)
ロサンゼルス公演で、ポール・マッカートニーはリンゴ・スターと共演。ビートルズ時代のバンド仲間二人が「サージェント・ペッパーズ~(リプライズ)」と「ヘルター・スケルター」を演奏し、「ジ・エンド」ではジョー・ウォルシュが登場した。

ポール・マッカートニーが現地時間7月13日にロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行ったコンサート中に、リンゴ・スターと一緒にビートルズのクラシック曲を演奏した。

「今夜はみんなにサプライズがあるぞ。みんなのためのサプライズだ。レディース・アンド・ジェントルマン、唯一無二のリンゴ・スターだ!」と、マッカートニーがかつてのバンド仲間を紹介すると、観客は大喜びで大声援をおくった。

登場したスターと軽くハグしたあと、マッカートニーはスターに「大好きだぜ」と言い、スターはドラムセットの後ろでスタンバイした。スターとマッカートニーと彼のバンドが「サージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(リプライズ)を短く演奏したあと、『ホワイト・アルバム』収録の「ヘルター・スケルター」へとなだれ込んだ。

このあと、スターが観客とマッカートニーに感謝の言葉を伝えると、ステージを去るスターに向かってマッカートニーは、スターのトレードマークである「ピース・アンド・ラヴ」で敬礼した。

この夜のドジャー・スタジアム公演のゲストはもう一人いた。イーグルスのギタリストでスターの義理の兄弟であるジョー・ウォルシュだ。ウォルシュはコンサートのエンディングで演奏された『アビー・ロード』収録曲のメドレーの途中でステージに登場し、「ジ・エンド」でギター・ソロを披露した。

「何がすごいかって、僕たちは今夜演奏する曲を事前に知らなかったことさ」と、ウォルシュのサプライズ登場のあと、マッカートニーが冗談っぽく観客に暴露した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ポール・マッカートニーのプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年7月16日の音楽記事

次に読みたい関連記事「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「BoA」のニュース

次に読みたい関連記事「BoA」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「氷室京介」のニュース

次に読みたい関連記事「氷室京介」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。