限界の淵を見た男、高橋ヒロムが東京ドームで掴む2つの「栄光」

限界の淵を見た男、高橋ヒロムが東京ドームで掴む2つの「栄光」
次々と新たなスターが生まれる新日本プロレスにおいて、致命的ともいえる約1年半のブランク。事実、この間に新日本プロレスを知った数多くのファンにとってジュニアヘビー級の超新星「高橋ヒロム」の名は、幻となりかけていた。

それだけに、2019年11月3日の大阪大会で突如ファンの前に姿を現し、見事なバンプ(受け身)を披露した彼の姿は、大きな衝撃だった。サンフランシスコでのアクシデントから1年半。彼は何を思い、そして何を目指していたのだろうか。2020年1月4日の東京ドーム大会、しかもタイトルマッチというこれ以上はない舞台を目前に控えた高橋ヒロムの心中を直撃した。

「引退試合」として闘い抜いたサンフランシスコでのタイトル戦

─2018年7月7日、サンフランシスコで行われたIWGPジュニアヘビー級選手権の試合中に受けた首の負傷により、約1年半という長期欠場から、ついに復帰することになりました。長期欠場を経験したレスラーの中には、欠場中は敢えて試合の映像やニュースを観ないようにしていた人もいるようですが、ヒロム選手の場合はどうでしたか?

ヒロム 俺の場合は、どっちもあったかなという感じですね。1年半っていうホントに長い間だったので、正直途中で(プロレスから)距離を置いていた時期もありましたよ。

─具体的には、いつ頃なんでしょう。

ヒロム 最初に心が折れたのは、ニューヨークであったマディソン・スクウェア・ガーデンの大会(2019年4月)に出られないことが確定したときですね。そこから、BEST OF THE SUPER Jr.(5月~6月/ジュニアヘビー級のシングル・リーグ戦)の間くらいまでが、いちばん気持ちが離れてしまっていた時期だと思います。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「超新星 + メンバー」のおすすめ記事

「超新星 + メンバー」のおすすめ記事をもっと見る

「超新星 + ライブ」のおすすめ記事

「超新星 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「2PM」のニュース

次に読みたい関連記事「2PM」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月23日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 超新星 メンバー
  2. 超新星 ライブ

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。