シティ・ポップの源流、70年代後半の名曲を本城和治と語る
拡大する(全1枚)
日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2021年8月は元日本フィリップス・レコードのプロデューサー、ディレクターである本城和治の50曲特集。第4週は、彼が手掛けた名曲について振り返る。

田家秀樹(以下、田家):こんばんは。FM COCOLO 「J-POP LEGEND FORUM」案内人、田家秀樹です。今流れているのはザ・スパイダース「あの時君は若かった」。1968年3月発売。今月の毎テーマはこの曲です。若かったあの頃を思い出しながらの1ヶ月であります。

関連記事:1960年代後半のカレッジフォークを仕掛け人とともに振り返る

あの時君は若かった / ザ・スパイダース

今月2021年8月の特集は本城和治の50曲。本城さん、元フィリップス・レコード、プロデューサー、ディレクター、その後日本フォノグラムのプロデューサー、ディレクター、1933年生まれ、そしてこの曲「あの時君は若かった」の制作者であります。日本語のポップスの創世記です。洋楽出身ならではの良質なポップスを作り続けてこられた制作者。先週まではGS、それからカレッジフォークという、カテゴリー別に曲をご紹介してきましたが、今週は名曲編です。時代を先取りした大ヒット曲もあれば、そういう結果は残せなかったものの、聴かれ続けている曲を選んでいただきました。こんばんは。