LOUDNESSの高崎晃が語る、80年代メタル全盛期と世界進出
拡大する(全3枚)
40周年イヤーのLOUDNESS。2021年の最後を飾るEX THEATER ROPPONGIでの二夜連続ライブ<Ampan Night><Dragon Night>も発表され、コロナ禍を経ていよいよ彼らが本格的に動き出す!というわけで、ここでは以前Rolling Stone Japanに掲載した高崎晃(Gt)のインタビューをお届けする。

※この記事は2020年12月25日発売「Rolling Stone Japan vol.13」に掲載されたものです。

【画像】1985年5月、全米ツアー中のシカゴでのLOUDNESS

16歳でLAZYのギタリストとしてプロデビュー。1981年結成のLOUDNESSでは、日本でヘヴィメタルという音楽を牽引しただけでなく、アメリカのメジャー・レーベルのアトランティックと契約して、海外進出も果たし、アルバム『THUNDER IN THE EAST』を全米74位、『LIGHTNING STRIKES』を全米64位にチャートインさせ、モトリー・クルーとともに全米ツアーを回り、日本人として初めてマディソン・スクエア・ガーデンのステージに立ち、AC/DCとツアーしたり、自らのツアーのオープニングにポイズン、シンデレラを起用したりするなど、全米、ヨーロッパを股にかけてのワールドワイドな活動をしてきた。2010年代以降も海外からのラブコールが絶えず、再び海外でのツアー、フェス出演を活発化してきたLOUDNESS。ヘヴィメタルの黎明期も、80年代の全世界的なメタル全盛時代も、今の海外のシーンもすべて見てきた高崎晃に、ヘヴィメタルについて語っていただいた。

この記事の画像

「LOUDNESSの高崎晃が語る、80年代メタル全盛期と世界進出」の画像1 「LOUDNESSの高崎晃が語る、80年代メタル全盛期と世界進出」の画像2 「LOUDNESSの高崎晃が語る、80年代メタル全盛期と世界進出」の画像3