折坂悠太が語るサム・ゲンデルの影響、記名性から解き放たれた音楽のあり方

折坂悠太が語るサム・ゲンデルの影響、記名性から解き放たれた音楽のあり方
拡大する(全6枚)
折坂悠太にインタビューを行う前に、『心理』と、その約1年半ほど前にリリースされたドキュメンタリー作品『めめ live recording H31.04.03-04』を聴き、レビュー記事を書いた。”重奏”というグループとの録音であるこれらの作品に表現された音楽は、歌や楽曲と同等に、個々の楽器の音やそれらが織り成すアンサンブルや響き、録音された空間の空気や気配が大切にされていた。

それは、『心理』にフィーチャーされたサム・ゲンデルが吹くサックスの響きとも自然に重なり、さらに、ブレイク・ミルズやピノ・パラディーノが奏でる音楽にも繋がっていると感じられた。このインタビューでは、折坂悠太自身がシンパシーを表明している彼らの音楽との関係や”重奏”との演奏から、『心理』というアルバムが生まれた背景を掘り下げた。

—『心理』に参加しているサム・ゲンデルに先日、インタビューをしたところでした。まず、彼の参加の経緯から伺えますか。

折坂:元々、私が凄く好きで。一番最初に聴いたのが『4444』で、それからずっと聴いていました。2018年の来日で、私のライブに足を運んでいただいて、その時、ご挨拶して、一緒に何かやれたらいいんですけどと話も少ししました。それで、このタイミングでお願いしようと思い切って連絡して、リモートで録音が出来たという感じですね。

サム・ゲンデルが参加した、『心理』収録曲「炎」のMV

サム・ゲンデルはLA拠点のサックス奏者/ギタリスト/シンガー。2018年作『4444』を経て、近作は米名門レーベルNonesuchからリリース。「現代のアウトサイダー・ジャズ」(Pitchfork)と評され、コラボワークの数々でも注目を集めている。

この記事の画像

「折坂悠太が語るサム・ゲンデルの影響、記名性から解き放たれた音楽のあり方」の画像1 「折坂悠太が語るサム・ゲンデルの影響、記名性から解き放たれた音楽のあり方」の画像2 「折坂悠太が語るサム・ゲンデルの影響、記名性から解き放たれた音楽のあり方」の画像3 「折坂悠太が語るサム・ゲンデルの影響、記名性から解き放たれた音楽のあり方」の画像4
「折坂悠太が語るサム・ゲンデルの影響、記名性から解き放たれた音楽のあり方」の画像5 「折坂悠太が語るサム・ゲンデルの影響、記名性から解き放たれた音楽のあり方」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク