日本の地震被災地を訪れた中国人が「衝撃を受けた数々の光景」

 地震の多い日本では、東日本大震災以後も、熊本県や福島県沖などで大規模な地震が起きている。それだけに対策もしっかりしており、大地震が起きるたびに日本人の冷静沈着な対応が中国で話題となっている。中国メディアの快資訊はこのほど、「日本の被災地から学べること」を伝える記事を掲載した。

 記事では、中国人の目線から「日本の被災地で見たこと」を紹介している。2016年4月に起きた熊本地震で、報道関係者として現地に赴いたという記事の中国人筆者は、被災者の行動や日頃からの災害対策に感銘を受けたそうだ。まず驚いたというのが「災害の規模の大きさの割に、死傷者の数が少ない」ことだ。

 熊本地震では震度7の地震が立て続けに2度発生し、筆者は現地で被害の大きさを実感していただけに、死傷者の少なさに驚いたようだ。これはひとえに、「日本人の防災意識の高さと、建物の耐震性」によるものだと感じたという。

 この地震で最も被害の大きかった益城町を取材した筆者は、避難所が「秩序立っていた」と称賛した。政府からの救助が来るまで被災者同士で助け合い、指揮を執るボランティアと協力してトイレや食事などが滞りなく用意されたと紹介している。避難所には1500人ほどの人が避難しており、皆非常に疲れているにもかかわらず静かで、列に並び、トイレは常に清潔で、気付いた人が自主的に障がい者に手を貸し、学校のプールからトイレの水を運び、炊き出しをしていたと振り返った。

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月11日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。