「水と橋の都ピッツバーグ」はアメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市

「水と橋の都ピッツバーグ」はアメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市


アメリカ北東部に位置するペンシルベニア州は、アメリカの歴史において最も古い州の一つでもあります。ペンシルベニア州第2の都市であるピッツバーグにはアメリカを代表する川が3つ流れており、水の街、橋の街、またかつて鉄鋼産業で栄えたことから鉄鋼の街とも呼ばれています。

欧州からの移民が多かったことからその文化的繋がりも深く、独特な建築美も特徴的なこの街は、アメリカの最も住みやすい街ランキングで常に上位に選ばれる都市。今回は、日本人が知らないペンシルベニア州ピッツバーグの魅力についてご紹介します。


ピッツバーグってどんな所?
「水と橋の都ピッツバーグ」はアメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市


ピッツバーグはペンシルベニア州第2の都市で、人口30万人ほどの街です。街の中心地ではアレゲニー川、モノンガヒラ川、オハイオ川というアメリカを代表する3つの川が交わっており、対岸を繋ぐ橋は街中に400以上も架かっています。天気が良い日には川でボートやカヤックに乗って水遊びを楽しむ人たちで賑わい、川沿いは遊歩道として整理されてるいるため、サイクリングやジョギングを楽しむこともできます。

「水と橋の都ピッツバーグ」はアメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市


1870年代には鉄鋼王アンドリュー・カーネギーがこの地で成功収め、鉄鋼業の発展共に街も大きく成長しました。現在は鉄鋼業は衰退しましたが、「アイロンシティ」そしてそこで働いていた人たちの「ブルーカラー」としての精神は生き続けています。また市内にはナショナルフットボール、野球、アイスホッケーの本拠地もあり、スポーツでも有名な街です。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2018年9月9日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「台湾」のニュース

次に読みたい関連記事「台湾」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ロンドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ロンドン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドイツ」のニュース

次に読みたい関連記事「ドイツ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。