【全国の一度は訪れたい温泉地】しだれ柳に誘われて七つの外湯巡り 城崎温泉<兵庫県>

いよいよ温泉のベストシーズンがやってきました。肌寒さを感じたら、芯から身体が温まる温泉が恋しいですね。私たちの身体も心も寛がせてくれる温泉は、日本の素晴らしい財産。日本各地の数ある名湯の中で、一度は訪れたい人気温泉地があります。そこで、TABIZINEでは「全国の一度は訪れたい温泉地」を連載でお届けします。今回は、兵庫県の城崎温泉です。
【全国の一度は訪れたい温泉地】しだれ柳に誘われて七つの外湯巡り 城崎温泉<兵庫県>


1400年の歴史を持つ、関西屈指の名湯
【全国の一度は訪れたい温泉地】しだれ柳に誘われて七つの外湯巡り 城崎温泉<兵庫県>

写真提供:(公社)ひょうご観光本部フォトライブラリー

「城崎(きのさき)温泉」は、約1400年もの歴史を誇る関西屈指の名湯。

こうのとりが傷を癒したと伝えられる「鴻の湯」、道智上人が難病治療を願って曼陀羅を修めて掘りあてたと伝えられる「まんだら湯」の2つの温泉の発祥が伝わっており、平安時代の古今和歌集には「但馬の国の湯へまかりける時、二見の浦と云う所にとまりて・・・」(藤原阿法師)と、すでに1000年以上も昔から都の貴人がはるばる城崎の温泉に赴いていたことがわかります。江戸時代になると、温泉医学を大成した香川修徳氏が城崎温泉の一の湯(当時は新湯)を日本一の湯と推賞したことにより、城崎温泉の名声は大いに高まりました。

小説のタイトルになるほど、文人に愛された
【全国の一度は訪れたい温泉地】しだれ柳に誘われて七つの外湯巡り 城崎温泉<兵庫県>

写真提供:(公社)ひょうご観光本部フォトライブラリー

関西屈指の名湯は、文人たちも惹きつけました。

志賀直哉は城崎温泉滞在中の体験をもとに小説「城の崎にて」を執筆し、生涯に十数回訪れています。「温泉はよく澄んで湯治によく、周囲の山々は緑で美しい。おいしい日本

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年11月21日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「露天風呂」のニュース

次に読みたい関連記事「露天風呂」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。