来年1月6日に行われる第76回ゴールデングローブ賞授賞式。本番まで残り1か月となった現地時間6日にノミネーションが発表され、ノミネートされた女優たちが喜びのコメントを寄せている。

ゴールデングローブ賞はハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)会員の投票により選定され、アカデミー賞の前哨戦として最も注目される賞のひとつである。現地時間5日に来年の司会が韓国系カナダ人女優のサンドラ・オーとコメディグループ「ザ・ロンリー・アイランド」のアンディ・サムバーグに決定したことが伝えられ、翌6日にはノミネーションが発表された。

映画『Destroyer(原題)』でドラマ部門の主演女優賞にノミネートされたニコール・キッドマンは、「“伝統的な女性ではない”役でノミネートされたことにとても感謝しています。(私が演じた)エリン・ベルは複雑で、ありのままで生々しく、危険な女性です。彼女を演じるのは特別なことでした。(監督)カリン・クサマをはじめ、すべてのキャストやクルーとこのノミネーションを分かち合いたいです。私たちみんなにとって情熱溢れるプロジェクトでした。HFPAにはとても感謝しています」とコメントした。

このニコール・キッドマンのコメントにもあるように、闇を抱えた刑事エリンという役どころは「伝統的な女性ではない」、つまり世間一般の女性像からかけ離れた人物であるようだ。これまで正統派女優のイメージが強かったニコール・キッドマンにとって、その言葉通り情熱をもって取り組むほど価値のある役であり、それが主演女優賞にノミネートされたことは彼女にとって新たな飛躍の一歩となることは間違いない。