まるで世を忍ぶ仮の姿?謎多き「紀州鉄道」の正体やいかに……

まるで世を忍ぶ仮の姿?謎多き「紀州鉄道」の正体やいかに……
写真:鉄道チャンネル編集部

皆さんは「紀州鉄道」という鉄道会社を知っているだろうか。

その駅数はわずか5駅、運行距離も2.7キロで、2019年現在で「日本最短のローカル線」を公称している。更には全線非電化、そして平均時速はおよそ30km/hといった、リニア新幹線が500km/hを超えようかという時代で、同時期の話とは思えないような、まさに典型的なローカル線と言えよう。一見、普通の地方鉄道であるのだが、多くの謎を抱えていた……その実態を探ってみた。

「紀州」なのに、和歌山ではなく東京が本社

まず驚くのが、東京に本社があるということだ。「紀州」と言えば、現在の和歌山県にあたる紀伊国の呼び名であり、「紀州梅」や「紀州犬」、近年ではワイドショーを賑わした「紀州のドン・ファン」でもよく聞く旧国名だ。しかし、この紀州鉄道の親玉である本社所在地は、驚くことに和歌山県ではなく、東京都にある。鉄道路線自体が、和歌山県御坊市に根を張っているにもかかわらず、その本社機能が関西地方はおろか、およそ600kmも離れた東京・日本橋に置かれている。その理由は、紀州鉄道の歴史を紐解けば浮かび上がってくる。

まるで世を忍ぶ仮の姿?謎多き「紀州鉄道」の正体やいかに……
東京・日本橋に所在する紀州鉄道本社

複雑怪奇?紀州鉄道の歴史

鉄道会社といえば、鉄道事業を軸に関連するグループ会社・子会社を持っていることが多いのだが、この紀州鉄道に関してはその逆で、親会社は鶴屋産業という不動産・リゾート開発事業を行う会社である。このことから、鶴屋産業が東京の企業であるからして、子会社である紀州鉄道も東京に本社を置くのは頷ける。しかし、そもそも何故に東京の不動産会社のグループに和歌山の鉄道会社が属しているのであろうか。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る 2019年8月18日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。