五輪閉幕に感染拡大。お盆前に閑散相場が訪れる?

五輪閉幕に感染拡大。お盆前に閑散相場が訪れる?
拡大する(全1枚)

 日本史上最高のメダルラッシュに沸いた東京五輪も閉幕し、コロナ禍の現実に引き戻されそうな一週間が始まりました。お盆で会社がお休みの方も多いと思いますが、8月10日(火)から13日(金)までの株式市場は「閑散に売りなし」の展開になるでしょうか。


好決算続出。日経平均2万8,000円台定着か、材料出尽くしか?

 先週8月第1週の日本株は、4-6月期決算で過去最高益を更新した トヨタ自動車(7203)  、 日本製鉄(5401) など輸出株の好決算を受けて、底堅く推移しました。一方、5日(木)決算で「Nintendo Switch」の販売減少を発表した 任天堂(7974) が一時10%安まで売られるなど、業績鈍化で下げる銘柄も一部ありました。


 しかし、工場自動化向けセンサーの キーエンス(6861) 、 日本郵船(9101) を筆頭にした大手海運3社、 ダイキン工業(6367) など好決算を発表した企業の中には、株価が急騰する銘柄も目立ちました。


 日経平均株価自体は2万7,500円を底値に横ばいが続きましたが、今週は2万8,000円の大台回復に期待がかかります。ただし、決算発表後の材料出尽くしや、五輪閉幕で菅政権の支持率がさらに低下、といった不安要素にも注意が必要です。


 米国では、6日(金)に発表された7月の雇用統計で非農業部門新規雇用者数が94.3万人増と予想を上回る増加となり、失業率も5.4%に低下。レストラン、ホテル、物流、運輸関連の雇用増で米国の個人消費が復活するという期待感からNYダウが史上最高値を更新しました。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新型コロナ」に関する記事

「新型コロナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新型コロナ」の記事

次に読みたい「新型コロナ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク