絶滅寸前「特急シンボルマーク」 60年続く「栄光の逆三角形」現在見られる列車は?

絶滅寸前「特急シンボルマーク」 60年続く「栄光の逆三角形」現在見られる列車は?

特急列車の先頭で光り輝く逆三角形の「特急シンボルマーク」。国鉄が製造したほとんどの特急形車両に付いていましたが、現在見られるは特急「踊り子」「やくも」などごくわずか。このマークはいつ、どんな経緯で登場したのでしょうか。

特急「踊り子」の185系にもある「特急シンボルマーク」

 JR東日本は2020年11月に、伊豆方面へ向かう特急「踊り子」などで使用している185系電車を、2021年春のダイヤ改正をもって定期運用から引退させる方針を発表しました。現在、185系は「踊り子」のほか、東海道線を走る「湘南ライナー」などで活躍していますが、ダイヤ改正後はいずれもE257系電車がすべての運用を担うことになります。

 185系は、国鉄時代の1981(昭和56)年に登場した、いわゆる“国鉄形車両”です。同系は、白い車体に緑色のストライプが配されるなど、それまでの特急車両とは一線を画すスタイルだった一方で、国鉄特急車両の伝統を随所に受け継いでいました。その一つが、前面中央部に光り輝く逆三角形の「特急シンボルマーク」です。

絶滅寸前「特急シンボルマーク」 60年続く「栄光の逆三角形」...の画像はこちら >>

381系特急形電車の車両前面で輝く逆三角形の「特急シンボルマーク」(2020年6月、伊原 薫撮影)。

 この特急シンボルマークは、1958(昭和33年)年にデビューした151系(登場当時は20系)特急形電車に初めて取り付けられました。当時、国鉄の特急列車はすべて蒸気機関車や電気機関車が牽引(けんいん)する客車列車でしたが、スピードアップのために東京~大阪間を走る「つばめ」や「はと」を電車化することが決定。国鉄初の特急形電車として、151系が開発されました。


当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月13日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。