人命軽視は風評被害? 零戦の評価の分かれ目「防弾板」、その実際のところとは

零戦はその性能を重視したあまり、人命を軽視したつくりという評がありますが、実際のところはどうだったのでしょうか。

零戦、2017年の東京湾上空を飛行

 2017年6月3日(土)、4日(日)に幕張海浜公園(千葉市美浜区)で開催された「レッドブルエアレース」において、旧帝国海軍の戦闘機「零戦二二型」が飛行展示されました。零戦が日本において一般公開飛行を行うのは実に20年ぶりであり(20年前は別の機体)、また本機の操縦は戦後はじめて日本人の零戦操縦士となった柳田一昭さんが担当しました。

人命軽視は風評被害? 零戦の評価の分かれ目「防弾板」、その実際のところとは

零式艦上戦闘機二二型の残骸をベースに大部分をロシアで復元したものなので、イメージとは逆にかなり新しい機体である(関 賢太郎撮影)。

 零戦、正式名称「A6M 零式艦上戦闘機」は、日本で最も有名な戦闘機として世界的に高い人気を誇り、映画やマンガ、ゲームをはじめとして様々な作品においてもその姿を見ることができます。

 しかしながら零戦は特攻機として使われたという事実、また凄惨な世界大戦における日本の敗北という事実から、高い人気や知名度と同じだけの「負の象徴」を背負わされてもいるといえます。残念ながらその「負の象徴」としての零戦の風聞のなかには、事実に基づかない風評被害ともいえる虚構も少なくないようです。

 そのなかでも「零戦は性能を重視したため、重い防弾板を排除した人命軽視の欠陥機である」という評価は最たるものでしょう。

「防弾板」の有無で評価ができないワケ

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「人命軽視は風評被害? 零戦の評価の分かれ目「防弾板」、その実際のところとは」の みんなの反応 44
  • 匿名さん 通報

    1万機生産が大成功?とはどういう意味なんでしょうか? ほかに量産できる機種が出来なかったから、しかたなく作ったというのが実相だと思いますが・・・

    4
  • 匿名さん 通報

    防御力の低さばかり言われるが、軽量高機動を目指すあまりあちこち削り過ぎた機体であり防弾軽視はその一つ。だから改良も限界があった。後継機開発に失敗した技術力の低さも無視している軽薄な記事

    3
  • 匿名さん 通報

    さらなる防弾性能の増強を誇ったアメリカ軍機に後付けで機銃の増設が要求され,ますますエンジン性能に改良が要求されるなか,堅物の馬鹿はエンジンを現行と決定した

    2
  • 匿名さん 通報

    対するは補給を脅かす機動部隊を相手に,ソロモン諸島の獲得もままならぬまま空母群に振り回され,泥沼の海戦にて兵力を損耗しつづけた,無策な諸島の獲得だ

    2
  • 匿名さん 通報

    それを満たすには翼の摩擦を削ぎ,エンジンには高出力の持続が求められたが,当時のエンジンの出力ではそれが満たされない

    2
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月10日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。