首都高「小松川JCT」開通でどう変わる? C2と7号線直結、ライダーも歓喜のワケ

首都高C2中央環状線と7号小松川線をつなぐ小松川JCTが開通します。都心部を避けて埼玉方面と千葉方面を結ぶルートの選択肢が増え、時短に。このJCTを経由するルート、二輪車ユーザーにとっても嬉しいものだそうです。

板橋~小松川、20分短縮!

 首都高C2中央環状線と7号小松川線をつなぐ小松川JCTが、2019年12月1日(日)に開通します。完成間近いそのJCTが、10月31日(木)に報道陣へ公開されました。

首都高「小松川JCT」開通でどう変わる? C2と7号線直結、ライダーも歓喜のワケ

首都高C2と7号線の交点に新設された小松川JCT(2019年10月31日、中島洋平撮影)。

「小松川JCTの建設は、2015年に全通したC2の機能をさらに強化する事業の一環です。これまで交差するだけだったC2と7号線の交点にJCTを建設し、環状道路であるC2のネットワークをさらに使いやすくします」(首都高速道路 東京西局プロジェクト本部 改築事業部長 成瀬良二さん)

 小松川JCTの誕生で大きく期待されているのが、埼玉方面と千葉方面のあいだの時短効果です。たとえば埼玉方面に通じる5号池袋線から、7号線および京葉道路へ向かう場合に、C1都心環状線を経由しないルートの選択が容易になります。C2と5号線を連絡する板橋JCTから、小松川JCTまでの所要時間は、C1経由でピーク時41分かかっていたところ、C2経由で同21分まで短縮されるそうです。

 また、JCT周辺における一般道の混雑緩和も期待されています。たとえば京葉道路からC2を利用する場合、これまでは京葉道路終点の篠崎ICを降り、一般道でC2の入口へ向かうクルマが多かったそうですが、小松川JCTができることで、その必要がなくなります。さらにJCTの開通にあわせ、7号線上り小松川入口の隣には、C2内回り(埼玉方面)へ直結する「中環小松川入口」も新設されるなど、周辺の一般道からC2を利用しやすくなります。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年10月31日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。