新型トヨタ・ヤリス発表! クラスを超えた安全&運転支援装備を備えたコンパクトモデル

発売は2020年2月! コンパクトカー向けTNGAを初採用

トヨタ自動車は10月16日、新型車「ヤリス」を世界初公開した。日本での発売予定は2020年2月中旬。10月25日から一般公開される第46回東京モーターショーの期間中は東京・お台場のヴィーナスフォートに展示するほか、10月末から12月にかけて全国で展示する予定だ。



ご存じヤリスはトヨタ・ヴィッツの海外名。新型になり車名が統一された形だ。ヤリスはコンパクトカー向けのTNGAプラットフォーム(GA-B)を初めて採用したモデルとなる。これに合わせてエンジンやハイブリッドシステム、トランスミッション、サスペンションなども新たに作り上げた。



全長3940mm、全幅1695mm、全高1500mmとサイズ感はほぼ現行ヴィッツと変わらないが、ホイールベースを40mm拡大し、2550mmとした。コンパクトカーが持つイメージである軽さや低燃費、コンパクト、廉価といった強みはそのままに、新機能を多数採用したほか、デザインや骨格などにも工夫を凝らしている。



新型トヨタ・ヤリス発表! クラスを超えた安全&運転支援装備を備えたコンパクトモデル



ボディ骨格は主要な部分を連結させることで、クラストップレベルの剛性を実現。また、ハイテン材を全体の35%に使用したことで、現行ヴィッツに比べて車両重量を50kg軽量化したほか、ねじり剛性を30%以上強化した。さらに、重心高を15mm下げたことにより、キビキビと意のままの走りができる走行安定性や乗り心地を両立している。


あわせて読みたい

気になるキーワード

WEB CARTOPの記事をもっと見る 2019年10月16日の経済記事
「新型トヨタ・ヤリス発表! クラスを超えた安全&運転支援装備を備えたコンパクトモデル」の みんなの反応 17
  • 匿名さん 通報

    元はと言えばリッターカーだったのに、他の大きい車はダウンサイジングでガタイは同じでエンジンを小さくしているのに、ガタイを大きくしてエンジンもでかくするって、時代の逆行しているような…。

    3
  • 匿名さん 通報

    アクアかと思った。やっぱデザインセンスねーなー。

    2
  • 匿名さん 通報

    「ヤリス」というのは語感が悪いと思う。「anus」を想像させたりする。ヴィッツの方が語感がいいと思う。

    2
  • 匿名さん 通報

    キムタクと同じで、新しい車(ドラマ)出ても結局トヨタ(キムタク)なんだよな。つまらない。

    1
  • 匿名さん 通報

    死ぬまでに「このトヨタ車カッコえーなー!」ってのを見てみたい

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら