高速の電光掲示板に取り締まり中の表示がされる「ルーレット族」ってなに?

首都高では「ルーレット族」大阪の環状線は「環状族」と呼ばれた

 取り締まりの強化だけでなく、ベース車となるスポーツカーの減少、交通量の増加、場所によっては夜間封鎖などで、最近は走り屋も激減している。ひと口に走り屋といってもいろいろで、峠や埠頭でのドリフト族、湾岸線などでの最高速アタック。さらにはゼロヨンや環状線のタイムトライアルなど、細かく分かれていた。



 これらはすべて公道を走るので違法行為だが、一番危険度が高かったのは環状線のタイムトライアルかもしれない。実際の呼び名は東西で異なっていて、大阪の環状線は環状族と呼ばれ、首都高の都心環状線の場合はルーレット族と呼ばれていた。



高速の電光掲示板に取り締まり中の表示がされる「ルーレット族」ってなに?



 1990年代後半あたりが全盛期で、何度か取材したが、走っている本人達は自らをルーレット族とは呼んでおらず、首都高タイムアタックなどと言う程度で、とくに固有の名称はなかったように思う。いずれにしても、首都高の都心環状線をグルグルと回るというのがルーレット族の語源だ。



 一方通行の大阪環状線と異なり、首都高は内外両方走れるが、内回りよりも、外回りのほうが人気というか、アタックする例が多かった。気になるタイムは公式なものはもちろんないので確かではないが、5分切りの伝説があったほど。本当ならば、外回りの場合、14.8kmほどなので相当なスピードになる。



最近は高額な輸入スポーツモデルが多く感じる

 伝説ほどは出ていないにしても、実際、当時は深夜の3時頃からの一般車両がいない時間を狙ってアタックしていて、見ていても相当なスピードだったのは事実。実際の感想だが、遭遇すると怖そうに思うかもしれないが、相当に腕もあるので車線変更などせず、そのまま走っていればあっさりと抜き去られるだけ。一瞬の出来事なので怖くもなかった。


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「高速の電光掲示板に取り締まり中の表示がされる「ルーレット族」ってなに?」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    交通ルールを守れない走り屋は捕まえないで放置しておきましょう。抵抗ペンキやポールを使い一定以下の速度で通過しなければ道路外に飛び出す工夫をしておけば消えてくれます。

    3
  • 匿名さん 通報

    ルーレット族も数は少ないながら未だ健在。二十代前半の時、自分は箱根でケーターハムのスーパー7で走ってました。それと西風先生が懐かしい、元気してるかな?

    0
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。