巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

トイレを研究する「日本トイレ研究所」

“うんち王子”が、うんちの大切さや健康との関係を指導中。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

なぜか、落ち着く場所ってないだろうか? 「なぜか、本屋が落ち着く」「CD屋にいると落ち着く」「美術館にいると……」などなど、人それぞれ。
しかし、私は何と言ってもこれだ。「トイレにいると落ち着く」

意外とそんな人は多いらしく、だからこそこの機関は興味深い。東京都港区に存在するのが、その名も「日本トイレ研究所」。

成り立ちは、約25年前に遡る。当初は、公衆トイレにまつわる問題(衛生面など)を解決するための活動を行っていたが、09年10月にNPO法人「日本トイレ研究所」として認証された団体。

そんなトイレ研究所の活動の一つに、王子ネピア株式会社と共に小学生低学年向けに実施している“トイレ教育”がある。
この“トイレ教育”は、正式には「うんち教室」とネーミングされており、研究所の加藤篤代表が小学校に出向いて特別授業を開講。そして、その際の加藤代表の格好がイカすのだ。
画像の通り、王冠とマントをまとって扮装。この姿の時、代表は“うんち王子”を名乗っており、うんちの大切さや健康との関係を指導する。

また、その授業内容が非常に幅広い。たとえば、学校にはまだまだ多い和式トイレ。家庭内にある洋式トイレに慣れた子ども達に、和式トイレでの注意点(的を外さないうんちのやり方など)をアドバイス。
他にも、どんなうんちの状態だと健康なのか? 「食事の内容」「元気に遊んだか」が、うんちの状態にどう影響するのか? これらを“うんち王子”がわかりやすく説明してくれる。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2010年10月15日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!