巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

大人にもオススメ、赤ちゃんが自然に寝つくための入眠儀式とは

ライター情報:古屋江美子

寝顔は天使というけれど……!?

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

すやすや寝ているイメージの強い赤ちゃんだが、実際に育ててみるとそうでもないことがわかる。なかなか寝付いてくれなかったり、夜中に何度も目を覚ましたり、一筋縄ではいかない。

究極の理想は、赤ちゃんが自ら静かに寝つくこと。「そんなのムリ!」なんていうママの声が即返ってきそうだが、きちんとしたステップを踏めば決して不可能なことではないという。

先日、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 コンシューマー カンパニーが小児睡眠の世界的権威であるジョディ A ミンデル博士を招いて赤ちゃんの睡眠にフォーカスしたプレスセミナーを開催。赤ちゃんの睡眠のおける大切な3つのステップを教えてくれた。

まず、1つめは「寝る時間を設定すること」。時間は21時前が目安。なんでも、アメリカやイギリス、オーストラリアなどの国の白人のほうが、日本を含むアジア系より子どもが寝る時間が早く、一日の睡眠の合計時間も長いことが、乳幼児の睡眠アンケート調査(BISQ)で明らかになっているそう。

ちなみに最も早く寝るのはニュージーランドの子どもで平均19時28分、逆に遅いのが香港で22時18分。その差は実に3時間ちかくもある。日本は21時すぎで、夜寝とお昼寝をあわせた一日の睡眠時間の合計は平均11時間37分。実はこれ、調査した国のなかでもっとも短い。睡眠は健康のみならず、知覚能力や雰囲気にも影響し、寝不足の赤ちゃんは肥満になりやすいというデータもあるそうなので、早めに寝て長い睡眠を確保したいもの。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2011年10月26日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!