巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「カピバラ写真家」って?渡辺克仁さんに聞くカピバラの魅力

長崎バイオパークのカピバラ。渡辺さんのカピバラ好きを知ってか知らずか、逃げる気配なし

( 1 / 5 )

[その他の写真を見る]

カピバラに魅了されて、全国の動物園でカピバラの写真を撮っている人がいる。名前は渡辺克仁さん。カピバラの写真集「カピバラでぽっかぽか~癒しのカピバラフォトガイド~(ゴマブックス刊)」やポストカードブックを、既に7冊発売している「カピバラ写真家」だ。しかも、カピバラが好きすぎて、24時間もかけて野生のカピバラを撮りに行くほどの力の入れようである。一体、渡辺さんをそこまでハマらせるカピバラの魅力とは何なのか?お話を伺った。

と、その前にカピバラに関する基本情報を。
●ネズミの仲間で、世界一大きい。(全長はおよそ1.1~1.3m)
●陸上と水中で半分ずつ過ごしている。
●鼻の上に、卵の形をした黒いでっぱりがあるのがオス。このでっぱりを「モリージョ」と呼び、ここから出る分泌物を木などにこすりつけることで、自分の縄張りを示したり、メスを引きつけたりする。
●「カピバラ」とは、南アメリカのインディオであるツピー族の言葉で「草原の支配者」という意味。※諸説あり(「カピバラ(渡辺克仁著・東京書籍)」より

ざっと頭に入れたところで、いよいよ渡辺さんの登場。渡辺さんは2006年の初冬から全国の動物園でカピバラを撮影してきたが、野生のカピバラにも会いに行きたいとの思いで、昨年の秋、ついに野生のカピバラが暮らす、南アメリカ大陸中央部のパンタナールに赴いた。成田空港から24時間。6日間にわたって野生のカピバラを撮影する贅沢な旅行だ。
関連キーワード

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2013年1月22日 07時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!