巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

専門誌の「草刈り特集」が超マニアック ヤギVSヒツジで除草能力の強さ検証

ヤギやヒツジを使った除草作業が最近話題だ。草刈りの手間がかからず、農薬を使わないから地球にもやさしい。除草用のヤギが食べられてしまうという珍事件が起こったこともあり一気に注目された。

ところで、除草に動物を活用するならヤギとヒツジのどちらが優秀なのか――実際に除草をしようと考えないと浮かんでこない疑問だ。これを真面目に検証した専門誌が発売されていた。

高所に強いのはヤギ


Amazon.co.jpの実施する「エコ除草」

動物による除草を特集したのは『季刊地域』。農山漁村文化協会が刊行する雑誌で、「地域の再生」をテーマに各地のさまざまな活動を紹介している。2015年4月発売のNo.21では、「草刈り動物はメチャメチャ頼もしい」という特集に「ヤギVSヒツジ どっちが草刈り能力が高い?」という記事が掲載されている。記事に登場する岡山県赤磐市・岡中山間地域振興組合は、70アールの草刈りを動物にすべて任せているという。

ヤギとヒツジをどちらも飼っている同組合の代表はその違いについて、
「ヤギは高いところが好きなので、傾斜地の除草はピカイチ。背の高いススキやセイタカアワダチソウだって、立ち上がってガンガン食べる。でも、平地は地際からきれいに平らげるヒツジに軍配ですね。それぞれ得手不得手があるみたい」
と記事中でコメントしている。

傾斜地に強いのはヤギ、平地に強いのはヒツジ、そんな視点でヤギとヒツジのことを区別したことがなかったから新鮮だ。同誌掲載の放牧地の写真を見ると、ヒツジがいるゾーンとヤギがいるゾーンが分かれていて、刈り具合の差が一目瞭然だった。
関連キーワード

2015年5月8日 16時50分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!