巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

お好み焼き屋でプロ棋士がガチ対局 将棋盤が置かれるのは鉄板の上!

プロの将棋を見る場面といえば、テレビやネットでの中継など画面越しがほとんどだろう。そんなプロ棋士同士の戦いを、言葉通り「間近」で見れるイベントが11月3日に開催された。東京・東中野のお好み焼き屋「侍"(ざむらい)」で開催された「侍" ー秋の陣ー」というイベントだ。今回、定員20名という超限定イベントの取材許可を特別に頂くことが出来た。
見つめるのはお好み焼き…ではなく将棋盤。 お好み焼きが乗るはずの鉄板の上で対局をするプロ棋士(奥:中村太地六段 手前:田中悠一五段)
今回のイベントは第一回目の開催
店内には、将棋解説でよく見る「大盤」の実物も運び込まれる

店長の上野さんは、他にも「子供将棋スクール」「レディース将棋部」など将棋普及を目的としたイベントを数多くここ「侍"」で開催。今回のイベントも常連である田中悠一五段と上野さんの雑談がきっかけで開催に至ったという。

「将棋ファンにもっと近くでプロ棋士達を見てもらいたい。対局の時の表情や視線、体の動きなど一挙手一投足に注目して欲しい」とイベントの狙いを語ってくれたのは、今回のイベント準備を進めてきた阿久津八段だ。

店長の上野さんとともに今回のイベント準備を進めてきた阿久津主税八段


ファンが至近距離で見つめる中「侍" ー秋の陣ー」 開幕


開催時刻が近づくと将棋ファン達がお店にぞくぞくと入ってくる。店内は6名用のテーブルが4つほどの規模の広さであり、そこにファン20名、棋士6名、ゲスト解説者・司会者などが立ち並び、対局前から店内の熱気は最高潮だ。
取材する足場も無い程にギュウギュウの満員状態となったところで、観戦記者で当イベント司会の内田晶氏の進行が始まり出場棋士6名から挨拶が行われた。出場棋士は(段位順に)、阿久津主税八段、戸辺誠七段、中村太地六段、船江恒平五段、田中悠一五段、佐藤慎一五段という名立たるプロ棋士達だ。

2016年11月17日 18時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!