巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

お茶漬けにしたら一番美味しかった“駄菓子”はどれ?

ライター情報:スズキナオ

お茶漬けって、ふと食べた時に体と心にじわーっと染みわたる美味しさがある。せっかくふっくら炊いたご飯をあんなに湿らせて食べて、しかもそれがあんなに美味しいなんて、つくづく食とはわけのわからないものである。

お茶漬けの概念は実に曖昧で、緑茶や煎茶などをご飯にかけたものを指すだけでなく、ただのお湯でも、夏場なら水でもいいし、出汁をかけたっていい。ご飯になんらかの液体をかけて食べればすでにそれでお茶漬けである。しかもただお茶だのお湯だのをかけて食べるだけでなく、実に様々な具材がそれに合うわけだ。組み合わせは無限大。有り余る可能性を前に途方に暮れる。

オリジナル茶漬けもよく色々試すが、私は永谷園の「お茶漬け海苔」も大好きだ。特にあの“あられ”。刻一刻と歯ごたえがふにゃふにゃになっていくところがたまらない。 “ご飯にあられを乗せてお茶(お湯)をかける”なんて、よく考えたものだ。まてよ、あられがアリなら、もう駄菓子でも全然いいんじゃないか? と、そんな考えに行き着くのは当然であろう。


約20種類の駄菓子でお茶漬けを作る


今回は、お茶漬けにしたら美味しいと思う駄菓子(一部“駄菓子”とは呼べないものも含む)を色々試し、時には失敗を経験しながらも頑張り抜いたレポートをここに紹介したいと思う。実際、自信を持っておすすめしたい組み合わせもいくつかあった。

ポン酢やオロナミンC系ドリンクなど、飲み比べ・食べ比べ会にいつも協力してくれる大阪・中津のミニコミショップ「シカク」に今回も力を借りた。

事前に参加メンバーにお茶漬けにしたら美味しそうだという駄菓子をピックアップしてもらい、それらを含めつつ色々買い集めてみた。ちなみに、どれも奇をてらうことなく「きっと美味しいはず!」というそれぞれの信念のもとにチョイスしている。

今回エントリーしたのは、駄菓子の定番「うまい棒」や「カットよっちゃん」、「キャベツ太郎」など約20種類。

かけ汁にはオーソドックスな「緑茶」を使用することにした。

ご飯の上に駄菓子を置き、急須からお茶を注いで30秒ほど待って食べる。駄菓子を替えながら延々とそれを繰り返していく。

緊張の1種類目は私がきっと美味しいはず! と思って用意した「キャベツ太郎茶漬け」だ。

「キャベツ太郎」はうまい、ご飯もうまい、お茶もうまい、全部足して美味しくないはずがないではないか。

と、自信満々で食べてみると、あれ、香りは確かに「キャベツ太郎」のソース風味の美味しそうなものなのだが、味が薄い。少し足りなかったかと思って足してみてもなんだかふわっとした、掴みどころのない味である。

シカクの店長・巴さんの「なんだろう、僕、食べたことないんですけど、ビリヤニってこんな味なんじゃないかっていう気がします」という発言が笑えた。たぶんビリヤニはもっと全然美味しい!

お次は、参加者の一人であるヤマコさんセレクトの「どんどん焼き茶漬け」。袋からあけてご飯の上に乗せた瞬間、歓声が上がる「これ、ほとんど、肉ですね!」。

もちろん、肉ではない。だが、「キャベツ太郎」のように味が薄まらず、しっかりと塩っ気が全体に溶け出しお茶漬けとしての完成度が高い。

発案者のヤマコさんも満足の様子。


と、こんな感じでどんどん試していきながら、5点満点で採点していった。たけしげさん発案の「うまい棒めんたい味茶漬け」はなかなか好評。

はやとさん発案の「サッポロポテトバーベQあじ茶漬け」は、なぜか味が一切せず一同沈黙。お菓子によってはこの“味消え”が発生するのが不思議だった。香りはするのにしょっぱさがなくなるのである。お茶とぶつかって消えてしまうのだろうか。味的にはまったくおすすめできないが、お茶をかけた瞬間、まるで生きているようにスナックがしゅわしゅわと動く様子は無性に誰かに見せたくなった。

ライター情報: スズキナオ

1979年生まれ水瓶座・A型。立ち飲みや無目的な街歩きが趣味。チミドロっていうテクノバンドをやっています!

2017年4月28日 11時30分

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    企画はイマイチだが、ベビースターより上があったのは驚きだな

    4
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!